1. まとめトップ

見ると死ぬ?絶対に見てはいけない「危険な夢」とは

今日めちゃくちゃ怖い夢を見たのでこんなものをまとめてみました。「絶対に見てはいけない夢」についてです。

更新日: 2015年05月16日

304 お気に入り 3633445 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

nakayan_13さん

絶対に見てはいけない「危険な夢が判明」

1 :ケツすべりφ ★:2011/11/11(金) 01:53:01.54 0
夢占いをご存知でしょうか?
夢で見た内容は、なぜか様々な事を暗示をしていることがあります。

その中でも、思わずゾッとしてしまう「危険な夢」があります。
昨日見た夢を思い出しながら、続きを読んでみてください。

見ると危険な夢がある
夢はなぜか、本人の身に起きる危険を暗示していることがよくあります。
危機を暗示するというと、夢の中で自身が死んでしまうようなことを思いがちですが、
死んでしまう夢というのは、再生や再出発を表わし、非情に良い夢なのです。
逆に何でもないような展開が、死や別れを暗示していたりします。

これは、はっきりとした理由はわかっていません。
人間は無意識に直接的な表現を避ける傾向があり、これは心の負担に配慮しているものだと
いうことだけ、過去の研究からわかっています。

何の意味もないと思っていた夢も、実は隠された意味があるかもしれません。
夢占い歴は10年以上の筆者が、「意味を知るとゾッとする危険な夢ワースト3」を紹介いたします。

暗い水辺でさまよっている夢

辺りは暗く、川や湖といった水辺に足を入れて歩いている……。
そんな水辺の夢を見ていませんか?

これは自らの背負った罪悪により、自分自身を見失っている状態であることを示しています。

嘘をついたり、人を騙したり、罪悪については様々な理由が考えられます。
心辺りがあるのであれば、改めるようにしてください。

また、罪悪について自分自身が気づいていない場合でも、このような夢を見ます。

たとえば、何かに依存しているケースです。
もっとも多いのが薬。抗うつ薬、頭痛薬。下剤などを服用している人で、
かつ多用している人は注意して下さい。
薬の服用過多による、別の障害の発生も警告しています。

人がいなくなる夢

一緒にいた人がいなくなってしまう。探しても見つからず、戻ってもこない。
これは、いなくなった人物との関係が切れてしまうことを示しています。

特に道を歩いていた時は、要注意です。道は人生を表わします。
あなたの人生において、いなくなった人との関係が切れてしまうことを暗示しています。

この夢は、自己防衛本能が見せていると言われており、警告夢と呼ばれています。
心がけ次第で回避できますので、怖がらずに対処していけば危機は回避できます。

嫌いな人や困った人がいなくなるのであれば、吉夢ということになりますので、
その時は素直に喜んでください。

高所より降りてくる者

高い場所から、誰かが降りてくる。
こんな夢を見てはいませんか? 

実は、これは自身の突然死を暗示することがあります。
普通に死ぬのではなく、事故や自然災害、心臓発作、殺人事件に巻き込まれてしまうなど、
あまり穏やかな話ではありません。

高いところから降りてくる人物も、亡くなった身内の人間であったり、幼い子供であったり、
それこそ天使のような存在のときもあります。

生きている人間には、死ぬことを知らせてはいけないという掟でもあるのでしょう。
降りてきた者が、死を告げることは絶対にありません。何かを伝えようとする素振りはしても、
肝心なことは決して教えてくれないのです。

ゾッとする話ですが、安心してください。
自己防衛本能により、危機を知らせてに降りてきているわけですから、回避する方法はあります。
ヒントは何処から降りてきたかです。

空や雲の上であれば、神様や天界を示しています。
山や木の上といった自然は、御先祖様や血縁を示します。
ビルやベランダなどは、自分自身の行いを示しています。
空間やよく判らない場所は、直感や第六感を示します。

これらがヒントです。
もしも危機に瀕した時、自身の助けになるかもしれませんので覚えておきましょう。

夢にも有効期限がある

夢の有効な期限は、夢を見たその日から半年程度と考えてください。
印象深い夢ほど、有効期限は長くなる傾向にあります。

今回紹介した3つの夢も、知らなければ、「変な夢」で片付けられてしまうでしょう。
しかし、なぜか夢には不思議な力があるのです。

夢に依存してしまうのも問題ですが、今回紹介した3つの夢。
心の隅にでも、留めておいて頂ければとあなたの助けになるかもしれません。

おまけ「よくある夢の内容と、それが意味すること10パターン」

【自動車事故】

このタイプの夢の中では、コントロール不能になった自動車が迫ってきたり、激突しそうになったりするなどの内容がありますが、運転できる人にもそうではない人にも見る可能性はあります。生活している中で無力感にさいなまれていたり、何らかの原因でパニックを起こしていることを表しています。

【壊れた機械】

電話に関する夢(間違い電話、電話が切れるなど)や、インターネット接続が切断されてしまう夢など、壊れた機械を操作しようとしている夢は、多くの場合生活に関するリアリティを失っていることや、心や体の一部がうまく機能していないことを表します。あるいは、他者との関係を保つことに不安を持っている場合にも見ることがあります。

【迷子になる、わなにかけられる】

迷子になる夢は非常にポピュラーで、現実でどう行動するか決める際に矛盾した考えを持っている時に主に見ます。また、網でとらえられたり生き埋めにされる夢は、現実で正しい選択ができない状態に陥ることを意味します。

【船や飛行機に乗り遅れる】

すんでの所で乗り物に乗り遅れてしまう夢は、重要な機会を逃したと強く感じている際によく見ます。また、重要な決定に苦労している時にもしばしば見るでしょう。

【テストで悪い点をとる】

この夢は学校を卒業してから長い期間たっている人の方がよく見る傾向があります。現実世界で何らかの方法によって試されていると感じると、この種の夢を見ることがあります。また、何かに対する備えができていないと思ったり、あるいは間違った役割を果たしていると感じている時にも見ることがあるかもしれません。

【病気になる、死ぬ】

自分や家族などが病気にかかったり、死んでしまう夢は、精神的に傷つけられることを恐れていることを意味することがあります。また、夢を見た本人や家族に身体的な危険が近づいている際の警告としても解釈できます。

夢の中で死んでいく人が家族や自分以外の誰かである場合は、夢を見ている人の肉体の一部(夢の中の他人がそれを表しています)が死んでいるようだと、自分自身で感じていることを暗示しています。あるいは、その人物にどこか遠くへ行ってほしいと感じているか、逆にその人を失うのが怖いと思っていることを示す場合もあります。

【追いかけられる】

1 2