第3楽章の静謐で悲しみに満ちた表現、第4楽章エンディングの引きずるような重い表現などは、この演奏も偽書「ショスタコーヴィチの証言」の影響を受けているのかな、と思ってしまう。「ショスタコーヴィチの証言」は偽書ではあるがその内容は実に興味深いし、その後のショスタコーヴィチ演奏に大きなインパクトを与えたことだけは確かである。
前半、後半とも16型。打楽器セクションが見事であった。

出典アクセルロッド/N響 バーンスタイン、ショスタコーヴィチ|クラシ…

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

グッドイヤー×アクセルロッドN響「不安の時代」「DSCH5番」

2013年1月27日(日) 開場 2:00pm 開演 3:00pm NHKホール (いつもの人民席)

このまとめを見る