1. まとめトップ

会田誠展に抗議した『ポルノ被害と性暴力を考える会』とは?

森美術館「会田誠 天才でごめんなさい」展(3/31まで開催)で展示されている現代美術家・会田誠氏の作品を人権擁護と児童ポルノ防止の観点から即時撤去するよう求めている謎のフェミニスト団体『ポルノ被害と性暴力を考える会』についてまとめました。

更新日: 2013年08月20日

5 お気に入り 48346 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

kikilpoさん

事の発端

『ポルノ被害と性暴力を考える会』(PAPS)の抗議文の一部

これらはまず第一に、作画によるあからさまな児童ポルノであり、少女に対する性的虐待、商業的性搾取です。

このようなものを貴美術館は堂々と公開しており、これは少女に対する性的搾取に積極的に関与するものです。

これは、描写を通じた性暴力の一形態であるとともに、すべての女性の尊厳を著しく傷つける下劣な性差別行為です。

私たちは、森美術館に強く抗議するとともに、女性の尊厳を著しく傷つける諸作品の撤去を申し入れます。また、森美術館の児童ポルノ推進的立場、その性差別性と性暴力肯定的姿勢、障がい者に対する差別推進の姿勢について、今後も広く世間に問題提起していく所存です。

ちなみに問題とされている作品はゾーニングされています

会田誠展いってきた。とりあえずゾーニングは完璧で問題の作品をうっかり見ちゃうことはまず考えられない。三階のチケットカウンターで注意喚起、カーテンの向こうが18禁展示。これがダメならレンタルビデオ屋もアウトだ。 pic.twitter.com/yM2R51wu

そもそも『ポルノ被害と性暴力を考える会』とは一体どのような団体なのでしょうか?

私たちは、「ポルノグラフィの制作・流通・消費などを通じて、あるいはその影響を受けて生じているさまざまな人権侵害や性暴力の問題について議論・調査・検討し、この問題を社会に広く訴えていくことを目的とする」ことを掲げ、ポルノ被害を中心とするさまざまな性暴力の問題に取り組んでいる団体です。

『ポルノ被害と性暴力を考える会』のこれまでの活動と関係者発言

ジョブズのようなクソ野郎が日本から出てこないことを嘆く意味がわからない。

念の為に言っておきますが、この『ジョブズのようなクソ野郎』発言はネタでも何でもなくスティーブ・ジョブズ氏が死去した直後に出した『ポルノ被害と性暴力を考える会』の公式発言です。

世界的ブラック企業の独裁者が死んだことを嘆くのは、ピノチェトが死んだのを嘆くのと同じ。政治的独裁者は(時々)非難されるが、経済的独裁者は(常に)ちやほやされる。資本主義文化は見事に世界の隅々に浸透し、すべての人々を洗脳している。

なお『ポルノ被害と性暴力を考える会』公式アカウントで発言していた人物(この会の創設スタッフの1人)は後に元風俗従業者の女性に対する侮蔑発言によって一時交代させられました。現在は複数のスタッフが交代でツイートしているようです。

この団体を理解する上で欠かせないのが“アンチ資本主義”というキーワード

資本主義ないし産業主義と合体した性差別主義は、さまざまな依存症を社会的につくり出しながら繁栄する。ポルノ依存、買春依存、売春依存、風俗依存、等々。

本丸は、資本主義そのものの搾取構造。賃金が支払われていても搾取と抑圧があるということ。ちなみに、「ミスコン」はちっとも叩きやすい対象ではない。これほどミスコン擁護論が溢れていることからしてもそう。twitter.com/#!/Hideo_Ogura…

『ポルノ被害と性暴力を考える会』が資本主義を度々批判する理由はこの団体の出自にあります。

『ポルノ被害と性暴力を考える会』を運営しているのは『ポルノ買春問題研究会』(APP研)という極左フェミニスト集団。主要スタッフは日本革命的共産主義者同盟などの極左関係者です

ポルノ・買春問題研究会(APP研)は、ポルノや買春をはじめとしたセクシュアリティの諸問題の研究を目的として、1999年12月に結成された反ポルノ、反売買春を掲げるラディカル・フェミニズム団体。外郭団体としてポルノ被害と性暴力を考える会がある。

会田誠展への抗議文に名前がある『ポルノ被害と性暴力を考える会』の世話人(創設スタッフ)であり『ポルノ買春問題研究会』の主要スタッフでもある森田成也氏について

翻訳家、駒沢大学経済学部非常勤講師。ポルノ被害と性暴力を考える会世話人。西島栄という別名で、トロツキズムを掲げた新左翼団体の日本革命的共産主義者同盟(第四インターナショナル日本支部)が運営するトロツキー研究所の幹事を務めていた。著書として「資本主義と性差別」などがある。

『ポルノ被害と性暴力を考える会』の運営主体はSMAPの中居正広氏が出演したオムツCMを「人権侵害」「児童ポルノ」と非難するほど性について厳格です

『子ども・女性の人権を侵害するオムツCM』

「これは明らかに一種の子どもポルノではないかと思います」
「私もこのCMを最近初めて見たのですが、たいへんなショックと怒りを覚えました」
「幼い女の子に対する大人の男の性的な欲望を喚起させてしまうようなCMに感じて不快感で胸がざわめきました」
「これは絶対に抗議をするべきだと思っています。今度、同社に電話をかけて断固糾弾します」

1 2





このまとめへのコメント1

  • この投稿は現在表示することができません。

1