1. まとめトップ

“悪童”バロテッリの伝説ランキング

神をも恐れぬ問題児、バロテッリの奔放なエピソードは数知れず。そこで、バロテッリの問題行動やおもしろエピソードを勝手にランキング化してみました。

更新日: 2014年07月01日

kurumama23さん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
44 お気に入り 641156 view
お気に入り追加

WHY ALWAYS ME?

【10位】得点後、何か発言しようとするもチームメイトに口を塞がれる

途中出場する際にブーイングを浴びせられたバロテッリは、得点を奪うとゴール裏に向けて何かを叫んでいる。そばにいたボヌッチがバロテッリの口をふさいだシーンは印象的だった。

イタリアの一部メディアは、バロテッリの唇の動きから、アイルランドサポーターに向かって、「お前ら、みんな、娼婦の息子だ」と言っていたのではないかと報じている。

【9位】ラッピングが苦手なバロテッリ

T(テベス)「分かっただろ?」
B(バロテッリ)「俺のもやってくれるんじゃねえの?」
T「自分でやれよ」
B「分かんねえよ。俺は左利きだからさ」
T「どう違うんだ? マリオ、ちょっとは頭使えよ」
B「左手でどうやって(包装紙の)右側を切るんだ?」
T「周りがお前をバカ呼ばわりするのもうなずけるよ……」
B「バカじゃない。ムズいんだって」

【8位】交通違反(罰金の総額約130万円、レッカー移動は27回)

マンチェスターでの交通違反ではシティ移籍後の9ヶ月で1万1000ユーロ(約130万円)の罰金と27回のレッカー移動を受け、バロテッリの愛車のマセラティは警察からマークされている。

【7位】試合中にキッカーをめぐり喧嘩

バロテッリは、試合中にDFアレクサンダー・コラロフとFKを巡って衝突し、試合後にはY・トゥーレともトラブルを起こしていたそうだ。DFコロ・トゥーレが2人を引き離したようだが、激しく口論していたという。

【6位】自宅内で花火をし、ボヤ騒ぎを起こす

警察側の発表によると、21日深夜にバロテッリの自宅が火事となったようだ。幸いにもバロテッリにケガはなかったようで、ホテルで睡眠をとった同選手は、22日の練習にも姿を見せている。だが、火事の原因は、バロテッリが友人と花火遊びをしたことにあるそうだ。

【5位】ブーイングに切れて暴言を吐く→ユニフォームを叩き付ける

後半途中にディエゴ・ミリートに代わって出場したバロテッリだったが、そのプレーぶりに不満のサポーターは、同選手に対してブーイングと野次を飛ばした。これに対し、バロテッリも汚い言葉で言い返し、試合後にはユニフォームを地面に投げつけたのである。

【4位】下部組織の選手にダーツを投げて遊ぶ

イギリス『ピープル』が報じたところによると、マンチェスター・シティFWマリオ・バロテッリが練習場の窓から、下部組織の選手に向けてダーツを投げたという。

報道によると、バロテッリがダーツを投げた理由は「退屈だった」からだそうだ。

怪我人は無かったもののチームはこのトラブルを重要視しバロテッリに10万ポンドの罰金を課した。

【番外編】実はいい奴かも!?温かいエピソード

毎週のように練習場へ母親とともに足を運び、選手のサインを求めている少年を不思議に思ったバロテッリさん。少年に学校へ行っていない理由をたずねると、彼がイジメに遭っていることが発覚。バロテッリさんはその場で少年と母親を車に乗せ、学校へ直行。いじめた子供を叱りつけ、校長に話し合いの場を持つよう求め、最終的に少年といじめた子供は握手をし、バロテッリさんは子供たちが見守る中、立ち去っていった。

カジノで25,000ポンド(3,375,944円)勝った後、ホームレスに1,000ポンド(135,037円)を恵む。

BIG ISSUEを売っているホームレス少年に対して、雑誌をもらうことなくいつも20ポンド渡しているとの情報も。

1 2





【芸能関連まとめ】
 逮捕歴 http://urx.nu/aGx3
 黒歴史 http://urx.nu/aGxc
 激太り http://urx.nu/aGxh