かけ湯などをして、体をならしてからゆっくり浴槽に入りましょう。

出典入浴豆知識 | はぴばす | 株式会社バスクリン

脱衣場・浴室・浴槽に入ったときの温度差で血圧の変動が大きくなります。
特に冬場は浴室や脱衣場も暖めておきましょう。

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

【本気で!】お風呂で疲れを取る方法!

最適なお風呂環境で1日の疲れをとりましょう

このまとめを見る