1. まとめトップ

<暴力・体罰>園田隆二(阿武教子の夫)柔道全日本女子代表監督が暴行 選手から訴えられる

ロンドン五輪女子柔道選手ら“告発”代表監督らが“暴力”(TBSテレビ[NEWS23クロス])柔道関係者によるとロンドン五輪を含む国内の女子トップ選手5人が園田隆二代表監督やコーチによる暴力やパワーハラスメントがあったとJOC・日本オリンピック委員会に告発した。

更新日: 2013年01月31日

5 お気に入り 67719 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

ハリマ0さん

ロンドン五輪柔道女子代表選手15人、松本薫、上野順恵、杉本美香らが園田隆二監督、コーチの暴力、パワハラをJOCに告発 ⇒ 練習での平手や暴言、けがをしている選手への試合出場の強要

生年月日 1973年9月16日
年齢 38歳
性別 男
身長/体重 163cm/96kg
出生地 福岡県
在学校名/
最終学歴 明治大学
所属 警視庁

園田 隆二(そのだ・りゅうじ)1973年(昭48)9月16日、福岡県大牟田市生まれの39歳。現役時代は主に60キロ級で活躍。小学1年で柔道を始め、柳川高では高校総体で優勝し、明大に進学。92年に世界ジュニア60キロ級で優勝。93年世界選手権(カナダ・ハミルトン)では20歳で世界王者となった。大学卒業後は警視庁に所属。96年アトランタ五輪出場を目指したが、国内選考会2試合で2位に終わり、五輪出場はならなかった。引退後は全日本柔道連盟の女子強化コーチを経て、08年11月に全日本女子の監督に就任。妻はアテネ五輪女子78キロ級金メダルの阿武教子。

国内トップレベルでも暴力が横行している可能性

怪我をしているのに試合出場を強要されるなどのパワハラ

体罰による恐怖でしか指導できない日本女子柔道は金メダル1個と大惨敗(ロンドン五輪)

自分自身はオリンピックに出場したことがないのに、五輪女子柔道日本代表監督を務め、金メダル1個と惨敗。しかし結果責任をとらず監督留任。あげくに代表選手から暴行とパワハラで訴えられるという始末

2010年1月、柔道家の阿武教子と3月に結婚。2011年6月5日には長男が誕生

※暴力が支配する世界、それがトップアスリートの世界

園田監督が合宿中に選手を殴ったり、蹴ったり、棒でこづいたりした

国内トップレベルの選手ともなれば今さら怒鳴られて強くなるとも思えません

結局は、負けたからこういう話になったのでしょう。そして、負けたことでこういう話が出る程度の指導力でしかなかったのです。暴力と怒声による指導などそんなもの。勝っているから肯定されるだけのアンフェアな反社会的手法です。国内トップレベルの選手ともなれば今さら怒鳴られて強くなるとも思えません

実は、園田をはじめ首脳陣に五輪代表の経験者は一人もいない。調整方法一つをとっても、経験則に基づき、選手を導ける司令塔がいなかった。

選手:「五輪での勝ち方を教えてください!」
選手:「五輪はどういう雰囲気ですか!」
監督:「わしゃ知らん。出とらんもん。谷本に聞け」
谷本:「え!?」

園田監督を交代させる考えはない

「暴力は許されないことだが、本人も改悛(かいしゅん)の情を持っている。現時点では女子監督として適任と判断した」

ロンドン五輪で女子柔道は金メダル量産を期待されたが、金銀銅各1個と低迷。五輪後に指導体制の刷新を求める声もあったが、園田監督らの続投が決定し、現場からは不満の声も上がっていた。

全日本柔道連盟は30日、園田監督を交えて今後の対応について協議する。

「愛のむち」が正当化される時代ではなくなった。女子トップ選手による異例の行動の背景には、旧態依然とした柔道界の体質がある。

昨年の国際大会で選手を平手打ちしながら叱る園田監督に対し、欧米のコーチが制止する場面もあった。

五輪代表選考をする立場の人間が選手を殴る。
反抗すると五輪に行けないから、選手は反抗できない。

体罰より試合に負ける方が辛くないと世界は目指せない。

1 2 3 4





このまとめへのコメント3

  • 前田幹男さん|2013.02.09

    追加するコメントを入力伝統的な「『喝』入れ指導」は否定されるべきか

    「『喝』入れ」は体罰だろうか。
    「喝入れ」は日本の伝統的な指導法の中の重要な項目だと思う
    が、これを体罰と捉え、体罰はいけないとといってこれを否定
    する風潮が強いが、本当にそれでいいのだろうか。
    柔道で、きちんと正座するべき時に気を抜いて足を崩す選手が
    いたら、監督が「それはおかしい」ということを指導するため
    にそばに行って足で蹴るのは『体罰』なのでしょうか。
    選手の方は、「間違ったことをした」と思って反省し、正座に
    戻すとともに、足で蹴った監督に感謝すれば良い話ではないか
    と思います。この監督の行為は、「『喝』入れ」であって、
    決して体罰ではないと思います。
    そうは捉えずに、これを、『体罰』だと言うのは、「恩を仇で
    返す」ような大変な思い違いではないでしょうか。

  • ハリマ0さん|2013.01.31

    http://www.nikkei.com/article/DGXNASDH3100Z_R30C13A1000000/
    ロンドン五輪代表を含む女子柔道の15選手が園田隆二代表監督(39)らの暴力行為などを日本オリンピック委員会(JOC)に告発した問題で、園田監督は31日午後、東京都内で記者会見し、今後について「進退伺を出すつもり」と語った。

  • この投稿は現在表示することができません。

1