1. まとめトップ

正直すぎるおっさん「ベルルスコーニ」の失言・伝説集

「よぉ、お待ちどう!俺様こそイタリアの元首相シルヴィオ・ベルルスコーニ。通称、失言・スキャンダルの総合商社。でも大富豪でACミラン名誉会長さ!離婚?慰謝料?だから何?」ー失言・暴言の数々のを生み出したベルルスコーニの伝説をチャーミングな画像とともにどうぞ。

更新日: 2013年02月15日

24 お気に入り 90948 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

mii10さん

イタリア前首相、9年にわたりイタリアの首相を務める。

非常に陽気であり、冗談を言うことが好きな性格。饒舌な語り口による演説を得意とし、学者や官僚出身の政治家と異なり親しみやすい態度を見せることで、資産家でありながら労働者階級に絶大な人気を誇る。一方で周囲に無配慮な発言も多く、批判の対象ともされる。

どんなに暴言を吐こうが、メディアに失言を追及されようが、国民からは絶大な支持を受けた。

正直すぎるおっさん。

●正直すぎるおっさん

アメリカのイラク戦争に加担することはイタリア国内ではほとんど支持されていないにもかかわらず、あえてアメリカ支持の態度をとることに対し。

2013年、ホロコースト犠牲者の追悼式典に出席した際、「人種法は最悪の誤りだったが」と前置きしつつ、かつての独裁者をベルルスコーニは擁護。

2006年、本からの引用として。中国政府は根拠のない主張として、激しく反発。しかしベルルスコーニは発言は撤回せず。

2009年、アルゼンチンの独裁者が政敵をどのように排除したかについてジョークとして発言。アルゼンチン政府はただちにイタリア大使を呼び、ベルルスコーニのこの発言に対し抗議。

女性に目移りして仕事にならない、あるいはイタリアには優秀な女性は少ないという意味のベルルスコーニの発言。

●大人げないおっさん

フランスのニコラ・サルコジ元大統領の夫人がイタリア系であるため。

2010年、順番を無視して発言した薄毛の記者に対し。

※ベルルスコーニ自身も2004年に植毛手術を受けている

2006年。ベルルスコーニの対立候補の支持者たちに対して放送禁止用語を連発。その後、街中で「私はキ●タマ」Tシャツやバッジがたくさん売られる事態に。

2009年。ベルルスコーニの外遊先での「失態」を報じ続けるイタリアのメディアに対し。

2005年、フィンランドのスモークトナカイについて発言。フィンランド人は激怒。

2009年、イタリア中部地震発生の際、家を失くした人々の被災者キャンプを見てベルルスコーニが余計なひと言。当然ながら被災者の怒りを買う。

●しつこいおっさん

2008年の発言。イタリア人記者は大爆笑。味をしめるベルルスコーニ。メドベージェフ苦笑い。

2009年、イタリア中部地震発生の際、被災地にいた黒人牧師に対し。

●女好きなおっさん

2009年。野党の女性政治家に対してのベルルスコーニのコメント。憤慨した女性10万人が、抗議文に署名する騒動に。

2006年、チャットガールに自分と当時の政敵について質問。

ベルルスコーニは思わず喜び党員に報告。しかし、この情報が漏れ、その日の新聞各紙の見出しとなる。

1 2