1. まとめトップ
  2. ビジネススキル

英語初心者が "英語を話せるようになる" 学習法

英検やTOEICの勉強をする場合と、話すことを目標にする英語学習は全く別物。初心者の方はまず話をする、という事を目標に英語学習をしてみてはいかがでしょうか?

更新日: 2013年01月30日

1138 お気に入り 199356 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

educatorさん

話す、を目標とするなら

英検やTOEICの勉強をする場合と、話すことを目標にする英語学習は全く別物。
初心者の方はまず話をする、という事を目標に英語学習をしてみてはいかがでしょうか?

英語を話す、心構え

文法はもちろん大切ですが、それに捕らわれすぎると、せっかくのコミュニケーションの場が台無しに。
私達だって外国人の人が 「あした そこに いきました」 と言ったとしても笑わないし、明日そこに行くんだな、と想像できるし、日本語を勉強しているんだな、と思って終わりですよね?

瞬間英作文

瞬間英作文は、英文を即座に作るための瞬間英作文回路を自分の中に組み込みます。

出典英語上達完全マップ●瞬間英作文

最も目立った効果は英語が話せるようになるということですが、それ以外にもリスニング、読解力も向上します。

簡単な文章をスラスラ英語で話せるようにトレーニングします。テストの勉強だけしている人はスピーキングのトレーニングがおろそかになりがちです。中にはTOEIC700点、800点取れるのにスピーキングが苦手、という人も。
英語を話すためには、英作文回路を効率よく覚えることが大切なのです!

http://homepage3.nifty.com/mutuno/05_training/05_training02.html

英単語

数多く知っていて困ることはありませんが、それより大事なことは、「普段よく見たり聞いたりする単語が、とっさに出てくるようになること」です。

家族や友人など身近なものから、politics(政治)、economy(経済)、environment(環境)など、社会的な話題へと発展させていくといいでしょう。

全ての英単語をいきなり覚えるのは不可能!まずは自分が話すときに使いそうな言葉を覚えていきましょう。
仕事で使う言葉や、自分の身の回りのこと、少しずつ知っている単語の範囲を広げていきます。

http://allabout.co.jp/gm/gc/382867/2/

発音

全ての発音を気にすると膨大な量になってしまいますが、この6つ以外の発音はカタカナ読みでもネイティブに通じるそうです。この6つさえ押さえておけば大丈夫!という事ですね。

http://diamond.jp/articles/-/12268

話す機会をつくる

英会話スクールだけでなく、現在は様々な選択肢があります。自分の時間と使えるお金に見合った方法で、英語を話す機会をつくりましょう。

少し話せるようになると・・・

少し話ができるようになると、もっと色んな表現が使いたい,言い回しができるようになりたい。。。という欲求が出てきます。
そうなると文法や熟語、単語の勉強にも身が入るので一石二鳥!
まずは話すようになるトレーニングで楽しく英語を学びましょう♪

関連まとめ

1





このまとめへのコメント1

  • lingualboxさん|2013.07.26

    発音だとSとSHも結構重要な気がします。
    自分が実際に発音が出来ているかどうか分からない、という方はスカイプで英会話が出来る、リンガルボックスを試すのがオススメです。

    http://ja.lingualbox.com

    まとめに挙がっている6つの発音はもちろん32の主要音声の出来、不出来を先生が直接3段階評価してくれるので苦手な発音が簡単に把握出来ます。

    発音コースでは全ての発音を学べるので発音を勉強したい方にオススメです。

    また一般英会話コースや旅行英会話コースなどレベル別のコースも充実しています。

1