1. まとめトップ

賞味期限切れの缶詰は食べられるの!?

賞味期限切れでも後数年は大丈夫との噂は本当なのか調べてみたら驚くべき真実が分かった。

更新日: 2016年04月20日

15 お気に入り 660625 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

bbboxさん

❏賞味期限切れの缶詰が発掘された(^^;

床下にある収納ボックスを掃除していたら賞味期限切れの缶詰達が発掘された(^^;
トマト缶が大量に…。缶の蓋の部分<B.B.E.2012.08>と印刷されている。
今日は2013年1月30日。
賞味期限を五ヶ月ほど過ぎていることになる。
歴史を変えた発明<缶詰(かんづめ)>。人類が誇る保存食。なので半年ぐらいなら大丈夫だろう!!…なんて書きながらも根拠が無いので調べてみた。

❏王道な流れでまずは缶詰の歴史を調べてみる

保存する缶詰の原理は、今から約200年前の1804年にフランス人のニコラ・アペールによって初めて考え出されたもので、その時の皇帝ナポレオンによって、12,000フランの賞金が与えられたとのことです。

わが国の缶詰は、今から約140年前の1871(明治4)年に長崎で松田雅典という人がフランス人の指導で、いわしの油漬缶詰を作ったのが始まりです。

缶詰の歴史は判ったので次は賞味期限について調べてみると。

❏表記には消費期限と賞味期限がある

消費期限って?
お弁当や洋生菓子など長くは保存がきかない食品に表示してあります。

賞味期限って?
ハム・ソーセージやスナック菓子、缶詰など冷蔵や常温で保存がきく食品に表示してあります。

缶詰の表記は『賞味期限』なんですね。

❏缶詰の賞味期限はだれがどのように決めているのか?

缶詰の賞味期限は、「缶詰がおいしく食べられる期限」としてメーカーが決定しています。水産・畜肉缶詰の場合は、製造から36か月(3年間)です。

『食べられなくなる』ではなく『おいしく食べられる期限』てところがミソですね。

❏開封しなければ10年は大丈夫!?

保管中に新たな微生物が侵入しないかぎり、賞味期限の経過後についても開封しなければ5年、10年、それ以上、中身が腐ることなく長期間保存できます。

『味』や『おいしさ』を気にしないのなら10年ぐらいは大丈夫みたいな。

何かのニースで南極探検隊が置いていった100年前の缶詰が発見されと聞きましたが、
100年モノは無理だと分かるけど、10年モノの缶詰を食べた人はいるのか?

❏9年過ぎた缶詰を食べた勇者!

自らの肉体で実証された勇者様が。
それもカニですよ、カニ!!
賞味期限が9年8カ月過ぎていても大丈夫!!だった(^^;

❏最終的には自己責任で喰うべし!

味期限を過ぎた缶詰については、次の点を確認してください。
(1)缶が錆付いていないか(缶自体が腐食して穴(ピンホール)があき、そこから空気や水分とともに微生物が侵入している場合が考えられます)
(2)缶のふたが膨らんでいないか((1)の理由などにより侵入した微生物が増殖するときに、その代謝としてガスを発生させていることが考えられます)
(3)缶のふたを指で押すとペコペコとへこまないか(上記と同様の理由)。

以上三点を確認して運と神頼みと自己責任で食べるしかないですよね。
そんなこんなで私はトマト缶を今夜使いますとも。

❏期限切れのリンゴの缶詰が破裂!?

長期間放置しておくと、缶詰内部の鉄とシロップの酸が反応して水素が発生し、缶が膨らみ破裂することもあるという。

6年前に購入して置きっぱなしにしていた缶詰が破裂したそうです。
賞味期限と保存方法は気をつけましょう。

合言葉は「10 年 た っ て も 大 丈 夫 !」(^^v

1