1. まとめトップ

【就活生必読!】ディズニー、スタバ、ゴールドマン・サックス…外資系トップが語る「欲しい人材」

有名な外資系企業のCEOが語った「わが社に欲しい人材」「就職時のアドバイス」をまとめます。

更新日: 2013年01月30日

153 お気に入り 38044 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

meigen365さん

ディズニー

頭の回転の早い人が欲しいと思うのも、熱意のある人が欲しいと思うのも当然でしょう。多くの仕事で要求されるのは、この2つの要素ですから。しかし、いちばん大切なのは誠実さです。

それ以外に私が重視するポイントは、好奇心が旺盛かどうかです。とくに私たちの業界では、ほかの業界の動きや新しいビジネスモデル、新しいテクノロジーに好奇心を持っていることが重要になってきます。

面接を受ける人は、多少は緊張するものです。それでも、たとえ知らない人を前にしても、まっすぐ目を見て、自分の言いたいことをきちんと伝えられる人には好感が持てますね。

ゴールドマン・サックス

われわれは組織の一員として力を発揮できる人間、自分の責任を広く捉える人間を求めています。自分の業績しか考えない人は、成功するかもしれませんが、わが社には必要ありません。

矛盾するように聞こえるかもしれませんが、両立しうる2つの資質を求めています。まず、進んで何かに深く関わる人。そして、幅広いことに関心を持つ人です。

表面的な経験を幅広く積んではいるが深く掘り下げたことがない人間より、その仕事が未経験であっても何かに深く関わったことがある人間を求めています。

スターバックス

大きな発想を持った人を求めます。起業家精神のある人。自分の意見を持っていて、それを言う勇気がある人。あと、現状に立ち向かう人を求めます。

面接では、まず、その人が何を読んでいるかを聞き、その理由を尋ねます。そして、ワーク・ライフ・バランスがその人にとって意味するもの。さらに、どの程度スターバックスとその企業文化について知っているかを把握しようとします。

自分がやっていることに情熱を持っていなければ、障害に直面したとき、それを乗り越えることはできません。私たちがやっているのは「エモーショナルビジネス」だということを理解し、それが心底好きな人が欲しいのです。

インターナショナル・コンチネンタル・ホテルズ

非常に困難な状況に直面してきた人が、人材としては最高ですね。逆境を経験し、対応の仕方を知っているので、状況が悪くなっても信頼できるのです。

就職に関する最大のアドバイスは、生きかたのアドバイスにもなります。自分がどんな人間で、どんなことに対処できるかを知り、非常に居心地の悪い立場に自分を置いてみること。ぬるま湯の生活から自分を切り離すことは、人生において大きな勉強になります。

アクセンチュア

分析力があり、常識と優れた判断力、周りの人とうまくやっていく能力がある人を求めています。

面接では人となりが見えます。彼らの価値体系のなかで仕事はどこに位置するのか、誇りは、難しい決断をすることは、犠牲を払うことは、それぞれどういう位置づけなのかがわかります。

1