1. まとめトップ

もう悩まない!お弁当は色で考える

毎日のお弁当って結構悩みますよね。「昨日の残りものとー、ごはんとー・・このスキマどーしよ」「お肉大好きな彼に☆って茶色ばっか!」「ダイエット中だけどせめて見た目だけでも楽しみたい・・・」・・・簡単です。すべては色で考えましょう

更新日: 2013年01月30日

60 お気に入り 13986 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

MOCHICOさん

カラフルな食事が引き起こす効果5つ

(1)疲れている人には元気がでる赤色が多めの食事にしたり、仕事で嫌なことがあってイライラしている人にはリラックスできる緑色を多めにした食事にするなど、食べる相手にメッセージを送る手段として食材の色を利用することができる

(2)誰かと食事をするときの会話の糸口になる

(3)食事にメリハリがつく

(4)単品ダイエットよりも格段に“食べた感”を得ることができ、挫折しにくい

(5)食材の色を意識することで、心の豊かさを持つことができる

基本の5色って?

もはや立派な健康法

見た目が整えば、栄養バランスも自然と整うんですね!

●赤:トマト にんじん 小豆 柿 唐辛子 みょうが ブドウ イチゴ サクランボ トマト レバー たこ タイ 鮭 豚肉 蟹 エビ いくら 卵

マーボー○○

○○チリ

トマトソース・ケチャップが便利

●黄:たまご、かぼちゃ、さつまいも、パプリカ・・・

とにかくたまごは強い

1 2