1. まとめトップ

電動ガン バッテリーまとめ [ニッケル水素・Lipo・LiFe]

電動ガンを使う上で必ず必要になるバッテリー。東京マルイ純正品以外にも社外パーツとしていろいろ出ています。サイクルアップやレスポンスアップのお手軽チューンにつながることから変えたいけれど結局どれを使ったらいいのか悩むことも多いのでまとめてみました。

更新日: 2014年04月24日

hi_sasiさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
16 お気に入り 143941 view
お気に入り追加

2013.1現在、エアガンの主流となっているバッテリーの特徴をまとめてみました。

■出力特性によるバッテリーのイメージ

Life6.6V<ニッ水8.4V<Lipo7.4V<ニッ水9.6V<LiFe9.9V<Lipo11.1V


エアガンが18歳以上使用する事となるので、成人としての管理能力がある前提でのオススメとしては
7.4VのLipoバッテリーです。
東京マルイのSIGなど純正バッテリーを使用しないとトラブルが起こる機種を除き、
エアガン本体のカスタマイズを行っていない場合でも概ねサイクルアップやセミのレスポンス向上が
期待できます。

※※ただし取り扱いを間違うと発火します!安全対策は厳重に!※※

■注意■

Lipoバッテリー発火の様子。

■必ずバッテリーの種類に応じた充電器を使いましょう。
 取り扱いを間違えると発火する場合もあります。

ニッケル水素バッテリー[にっけるすいそばってりー]

■特徴
充電容量が多く、大容量バッテリーとして様々な分野で使用されています。
(充電池のeneloopなどもこのタイプです)

東京マルイの電動ガンでは純正品として供給されているバッテリーです。

容量も多く安全面を含めた使い勝手も良いのですが注意する点もあります。

■メリット
・サイズに比べ充電容量が大きい。ミニSバッテリーサイズで1000~1500mAh程度。
・流通量が多い(東京マルイ純正品)
・継ぎ足し充電(簡易型ではない充電器推奨)が可能

■デメリット
・自然放電が激しく長期保管時でも定期的な充電が必要
・過放電に弱く、バッテリーが駄目になりやすい
・温度変化に弱い(50℃以上だとバッテリーがだめになる可能性、逆に低温時には能力低下が激しい)
・充電時間が長い

Lipoバッテリー リチウムポリマーバッテリー[りぽばってりー]

■特徴
ラジコンでは主流となっているバッテリーです。

★高性能ですが管理に注意が必要です★

1セルあたり電圧は3.7Vと、ニッケル水素バッテリー並みの大容量を持っています。
放電能力が非常に高く、負荷をかけても電圧が下がりにくいのが最大の特徴です。

さらにメモリー効果が無く、追加充電OKが可能です。
しかし運用面で手間なのが過充電&過放電に弱く、
発熱し最悪発火の恐れが、過放電ではバッテリーの機能停止をしてしまいます。

特に注意が必要なのは発熱で、Lipoは電解質に有機溶媒を使用しており
過放電の発熱により気化し引火してしまうと激しく炎を噴き上げ爆発してしまいます。
満充電で保管し気温など周囲の状況で過充電状態になってしまう事もありますので、
自宅では耐火袋などに入れさらにAmo缶や土鍋など燃え移らない容器に入れに保管すると良いでしょう。
また自然放電をほとんどしないので保管時にはストレージモードといって満充電の60%ほどで保管しましょう。

■メリット
・小型、大容量、大出力である
・7.4Vでニッケル水素8.4Vバッテリーとほぼ変わらない出力特性
・継ぎ足し充電可能(メモリー効果が無い)
・寒さに比較的強い
・価格が安く、流通量が多い。
・自然放電がほぼ無い

■デメリット
・過充電、過放電の管理をする必要がある
・熱に弱い(発火の可能性がある)
・ラミネートパックなので衝撃に弱い
・保管時にストアモードが必要

全てのセルの電圧を監視しながらのバランス充電が主流です。

LiFeバッテリー リチウムフェライトバッテリー[りふぇばってりー]

■特徴
ラジコンでよく利用されています。
1セルあたり電圧は3.3Vとリポバッテリーより低く、2セル(6.6V)では遅く
3セル(9.9V)ではやや早いバッテリーです。

リポバッテリーの様に発熱による発火が無く安全!

リフェバッテリーにはA123S製とそれ以外のメーカーの2種類があり、
性能に差が見られます(A123Sが高性能)

■メリット
・リポバッテリーに比べ安全(保管時の制約が特に無い)
・継ぎ足し充電が可能(メモリー効果が無い)
・自然放電がほぼ無い

■デメリット
・電圧が中途半端(Life6.6V<ニッ水8.4V<Lipo7.4V<ニッ水9.6V<LiFe9.9V<Lipo11.1V)
・他のバッテリーに比べ、やや高価
・容量が少なめ
・寒さに弱い(種類によってはその限りではない)

全てのセルの電圧を監視しながらのバランス充電が主流です。

結論

結局のところどのバッテリーが良いかと言いますと、性能重視ならLipoバッテリーを使い”しっかりと”管理をするのがオススメです。
充電の手軽さ、性能などを考えると平常時の保存の手間をしのぐと思います。
つい最近も東京消防庁よりLipoバッテリーの取り扱いを間違えて火災になる注意喚起がされていました。
内容を確認したところニッスイなどの充電器でLipoを充電すると言う無謀な接続をしていました。

とにかく”万が一発火しても周りに燃え移らない保存”を必ず心がけ、保存する場合には専用充電器で正しい使い方を絶対に手を抜かない事です。
参考までに私の場合には保管時は土鍋に入れて保存しています。

また運用方法では、容量の大きいバッテリーを一本よりも小さめの汎用性の高いバッテリーを複数本用意した方が将来的にエアガンが増えても対応できるので便利だと思います。

あわせて読みたい

1





ちょっと便利なまとめ目指しています。

このまとめに参加する