1. まとめトップ

ここらで本当に《背中の肉》をなんとかする!

背中に肉がつきました。なんとか減らしていきたいと思いまして。

更新日: 2013年02月01日

1046 お気に入り 311178 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

Hibarigさん

知っておくべきこと・・・

出典ameblo.jp

理想の背中になるには・・・。

美しい背中のラインをキープするコツは、背中の筋肉を柔らかく保ちながら、適度な筋力を維持すること。

背中の肉だけを落とすということは、残念ながら基本的にはできません。

えっ

背中の肉を落とすためには 全体の体重を落とす必要があります。

全体の体重を落とすには時間がかかりますが、集中的に背中を鍛える方法を実践するとよいですかね。

背中の筋肉をほぐす

柔らかい背中をつくるピラティス

1. 背中を丸くしてつま先をマットから持ち上げ、バランスをキープ。
目線はお腹のあたりを見ながら、腕に力を入れすぎないよう注意。
2. 目線を変えずに、息を吸いながら後方へ静かに転がる。
3. 息を吐きながら上体を起こし、最初の姿勢でバランスを取る。
4. ボールのようにコロンと体を転がすようイメージし、10セット繰り返す。

エクササイズ

運動はやっぱり必要です。

簡単エクササイズ

1.両脚を肩幅くらいに開いて立ち、両腕を後ろでで組む
2.息を口から細く長く吐きながら組んだ腕を少しずつ持ち上げ、背中の筋肉が固くなったと思えるところで10秒キープ。
3.鼻から呼吸をしながら、もとの姿勢に戻すようにして、これを10回行う

筋肉トレーニング

1.体育座りのような感じで膝を立て、床の上に座ります。両手は体の後方についてください。
2.ゆっくりと息を吐きながら、お尻を上に持ち上げていきます。体が床に平行になるくらいまでがんばって上げてください。
3.上がりきったら今度は息を吸いながらゆっくりと元にもどします。ただしこの時、お尻は床につかないように、少し浮かしておいてください。
4.再度お尻を 上に持ち上げ、上がりきったら元にもどす、この動作を30回程度繰り返してください。

1.両腕を横に広げる。
2.肩甲骨を意識しながら、両肘を曲げ、両脇を絞める。

背中痩せ運動

① 背中痩せ運動として、うつ伏せに寝て両腕を真横に開き
首を傾けずに顎をやや床から離します。
次に、両腕を同時に真横にできる限り上げ、ゆっくり戻す運動。
左右の肩甲骨を合わせるイメージで行ってください。
回数は15~20回。

② 腕立て伏せの要領で
両手両足を床につけ腰をアーチ状に曲げ、腕に重心をかけます。
次にヒジを横に張りながら曲げ、肩に力を入れて元に戻す運動ですが
下を向いたままだと頭に血が昇りますので無理のない程度に行ってください。
普通は、10回です。

タオルを使って

1.伸縮性のあるタオルかフェイスタオルを両手で持ち、ひじを伸ばして頭の上へ上げ、タオルを引っ張る
2.息をゆっくり吐きながら、タオルを引っ張ったまま頭の後ろへ下ろす
3.息を吸いながら上に上げて元の体勢に戻し、これを10回繰り返す。

ダンベルトレーニング

ペットボトルでも可。

ダンベルを使う、背中痩せの運動は、ゆっくりと動くのがコツです。

ダンベルエクササイズ

1.両足を肩幅に開き、両手にダンベルを持ってまっすぐに立つ
2.ダンベルを持ったまま膝を曲げて、上体を前に倒す
3.肘を後ろに引いてダンベルを引き上げる
4.1の姿勢に戻る

ダンベル運動

1.ダンベル1本を両手でにぎります。握る時は片方の手で持って、その上から もう片方の手を重ねるようにして持ってください。
2. ダンベルを持ったまま両手を頭の上に持っていきます。この時、肘をしっかりのばし、耳にくっつけるようにします。
3.さらにダンベルが地面に対し垂直になるように 立ててください。
4.肩から肘までを固定したまま、肘から手までを使って、ゆっくりと体の後方に下ろしていきます。この時完全に下ろしきらず、ある程度付加がかかった状態をキープしてください。
5.下ろしたら、今度は息を吸いながら上に上げ、元の位置に戻します。これを30回程度繰り返しおこなう。

普段から姿勢を正す

正しい姿勢になる癖をつけよう。

背中の肉を落とすためには普段から姿勢をよくするよう気をつける必要があります。 筋肉というのは使わなければどんどん衰えていきますが、使っていれば、 その部分はきゅっと引き締まってきます。

1.息を吸っておなかを引っ込めます。
2.内臓を上に持ち上げる感じです。
3.肩を下に押し下げます。
4.首の後ろを 伸ばします。(後頭部を後ろ斜め上にひっぱられるイメージです。)
5.ヒップは力を入れてしめます。

ウォーキング

1. お腹を引っ込めながら内臓を持ち上げるような感じで息を吸う。
2. 肩を下に押し下げる感じで胸をはり、背筋をピインとのばす。
3. お尻に力を入れてお尻をしめた状態でウォーキングをする。

こちらもどうぞ

1