1. まとめトップ

靴底の減り方を見るだけでズバリ!と当てるあなたの不調

間違った歩き方は体のあちこちに不調をもたらします。その体の不調を靴底の減り方で見分ける方法を紹介します。はたして、もっとも恐ろしい体の不調の症状がわかる靴底の減り方とは?

更新日: 2013年02月05日

rinqoo1976さん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
95 お気に入り 411366 view
お気に入り追加

靴底の減り方で体の不調がわかるって知ってましたか?

【靴底の減り方でわかる体の不調】 ・外側が減る→O脚やガニ股 ・内側が減る→X脚や内股の傾向 ・つま先が減る→外反母趾の恐れ ・かかとが減る→腹筋と背筋の衰え ・左右片方だけ減る→骨盤歪みの恐れ ・両方減らない→引きこもりニートの恐れ

あなたの靴底の減り方はどのパターン??

間違った歩き方が癖になると、おなかやお尻、太ももだけに脂肪がついたり、腰痛などの原因につながります。

現代の女性は、ヒールの高い靴を履くことが多く、姿勢が悪い、腹筋が弱い、内ももの筋肉が弱いなどといった傾向が多くみられ、靴底の減り方にも特徴がでています。

▶ 外側が減る → O脚やガニ股

「O脚」「ガニ股」の人に多い減り方。このような歩き方は股下ひざの内側に負担がかかって膝を痛めたり、腰が下がって体重が乗るので腰痛になりやすく疲れやすい。

姿勢が悪いらしく靴の踵は外側からすり減ります 改めて見るとひどいなこれ pic.twitter.com/UliaS9WT

靴底が外側だけめっちゃすり減ってるO脚の女の子みると、あっ、って思う。

履く靴すべて外側のかかとが極端に削れていく。 最終てきには痛くて履けなくなる。 かなりガニ股なんだろうなぁ

……私靴底外側が極端にすり減るからだいぶがに股なんだろうね…

O脚のせいでブーツのソールが外側ばかり削れていた。踵だけでなく、靴全体が外側に傾いてきた。このままではさらに足首がおかしくなりそう。

靴底のかかとの外側が磨り減ってる人は歩くときにふくらはぎの筋肉使いすぎだとか。もっと太ももの力を使うべきだそうで、放っておくと膝痛めます。太もも意識して歩くだけでも効果ありますよ。

▶ 内側が減る → X脚や内股の傾向

「X脚」「内股歩き」の人に多い減り方。血液の循環が悪く冷え性になりやすい。

@l0rippp0826 @6340075 想像すると何回でも笑える!!そうゆうやつらってほとんどがスニーカーとかこんなじゃない?!笑 なんでそんな内側すり減る?みたいな!笑 pic.twitter.com/Peo1uDTa

すごいかっこつけて歩いてるのに内股すぎて靴裏の内側だけ削れてるおにーさんおもしろいかわいいうける

前に高校生らしい高校生カップルいるんだけど彼氏さんなんて内股なの… 靴底内側めちゃ磨り減っとるやん…

▶ つま先が減る → 外反母趾の恐れ

いわゆる「踏み込み歩き」の人に多い減り方。いつもつま先に体重がかかり、外反母趾になりやすい。また靴の甲側のつま先に引っかいたような傷がある場合は、足首の関節が老化しているため、つま先を下げたまま歩いているので、つまずきやすい。

▶ かかとが減る → 腹筋と背筋の衰え

腹筋と背筋が衰えており、猫背になりがちです。血行不良や、腰痛の原因にもなります。

踵から着地して、足裏全体を引きずるような歩き方をしている人に多い減り方。こういう歩き方をしている人は、骨の老化が進んでいると考えられる。

▶ 左右片方だけ減る → 骨盤歪みの恐れ

どちらか片方が極端に減っているという方は要注意!骨盤の歪みが大きく関わっているかもしれません。

親指とかかと部分が減っていても、左右どちらか一方に偏っている場合は、重心がそちらにかかっていますので、姿勢も悪くなってしまいます。

▶ 理想の靴底の減り方とは?

1 2





気になったことを調べるついでに「まとめ」てます。

★Twitter
https://twitter.com/rinqoo

 

このまとめに参加する