1. まとめトップ

世界一かっこいい死亡フラグ…他、TYPE-MOON作品の名台詞まとめ【Fate、空の境界、月姫】

Fate/stay night、Fate/hollow ataraxia、Fate/Zero、空の境界、月姫の名言まとめ

更新日: 2013年02月02日

shimayun0724さん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
50 お気に入り 136039 view
お気に入り追加

出典prcm.jp

日本のとある地方都市「冬木市」に数十年に一度現れるとされる、持ち主のあらゆる願いを叶える「聖杯」。7人の魔術師("マスター")は7騎の使い魔("サーヴァント")と契約し、聖杯を巡る抗争「聖杯戦争」に臨む。聖杯を手にできるのはただ一組、ゆえに彼らは最後の一組となるまで互いに殺し合う。魔術を習うもその才能を見いだせず、半人前の魔術師として生きていた主人公・衛宮士郎。彼は偶然にもサーヴァントの1人・セイバーと契約したことから、「聖杯戦争」に巻き込まれてゆく。

“――――ついて来れるか”

出典Fate/stay night Heavens feelルート アーチャー

難しい筈はない。
不可能な事でもない。
もとよりこの身は、
ただそれだけに特化した魔術回路――――!

出典Fate/stay night Fateルート 衛宮士郎

憎らしい女だ…最後までこの我に刃向かうか。
だが赦そう。手に入らないからこそ美しいものもある。
ではな騎士王。

出典Fate/stay night Fateルート ギルガメッシュ

侮るな。あの程度の呪い、飲み干せなくて何が英雄か。
この世全ての悪? 
は、我を染めたければその三倍は持ってこいというのだ。

よいかセイバー。英雄とはな、己が視界に入る全ての人間を背負うもの。
―――この世の全てなぞ、とうの昔に背負っている

出典Fate/stay night Fateルート ギルガメッシュ

I am bone of my sword.
体は剣で出来ている。

Steelis my body, and fireis my blood
血潮は鉄で、心は硝子。

I have created over athousand blades.
幾たびの戦場を越えて不敗。

Unaware of loss.
ただ一度の敗走もなく、

Nor aware of gain.
ただ一度の勝利もなし。

Withstood pain to create weaponswaiting for one's arrival.
担い手はここに独り剣の丘で鉄を鍛つ。

I have no regrets.This is the only path.
ならば、我が生涯に意味は要ず。

Mywholelifewas"unlimited blade works."
この体は、"無限の剣で出来ていた"。

出典Fate/stay night unlimited blade worksルート 衛宮士郎

いくぞ英雄王―――武器の貯蔵は十分か

出典Fate/stay night unlimited blade worksルート 衛宮士郎

ああ。時間を稼ぐのはいいが―
別に、アレを倒してしまっても構わんのだろう?

出典Fate/stay night Fateルート アーチャー

判らぬか、下郎。そのような物より、私はシロウが欲しいと言ったのだ。

出典Fate/stay night Fateルート セイバー

第五次聖杯戦争の終結から半年後。
そこには再び現界したサーヴァントとの穏やかな日常が存在していた。
ありえない現実でありながら、それらに疑問を抱かない前聖杯戦争参加者たち。
繰り返される四日間と暗躍する魔術師。夜にのみ進行する新たな聖杯戦争。
空虚なる平穏の先にあるものは……?

―よい開幕だ。死に物狂いで謳え雑念―!

出典Fate/hollow ataraxia ギルガメッシュ

―――正直な話。
 できるならもっと続けたかった、私の八つ当たりと知りなさい―――!

出典Fate/hollow ataraxia キャスター

怪物じゃないからだろ。
――――みっともないが。誰かを助けたいという気持ちがあるのなら、アンタはギリギリ英霊だ。

出典Fate/hollow ataraxia アヴェンジャー

……バゼット、世界は続いている。
 瀕死寸前であろうが断末魔にのたうちまわろうが、今もこうして生きている。
 それを―――希望がないと、おまえは笑うのか

出典Fate/hollow ataraxia アヴェンジャー

日本の地方都市・冬木市では、七組の魔術師(マスター)と使い魔(サーヴァント)による「聖杯戦争」が繰り返されている。1990年代の初秋、四度目の聖杯戦争がはじまる。主人公・衛宮切嗣は、名家アインツベルンの委嘱を受け、セイバーのサーヴァントを召喚し聖杯戦争に身を投じる。彼の目的は聖杯による世界平和の実現であった。

―――――宜しい。ならばこれは決闘ではなく誅伐だ。

出典Fate/Zero ケイネス・エルメロイ・アーチボルト

肉体は滅び、その魂は英霊として『世界』に召し上げられて、
それでもなお余に忠義する伝説の勇者達。
時空を越えて我が召喚に応じる永遠の朋友たち。
彼らとの絆こそ我が至宝!我が王道!  
イスカンダルたる余が誇る最強宝具――――『王の軍勢』なり!!

出典Fate/Zero ライダー

『彼方にこそ栄え在り』―――届かぬからこそ挑むのだ。
覇道を謳い、覇道を示す。この背中を見守る臣下のために。

出典Fate/Zero ライダー

恐怖というものには鮮度があります。
怯えれば怯えるほどに、感情とは死んでいくものなのです。
真の意味での恐怖とは、静的な状態ではなく変化の動態――
希望から絶望へと切り替わる、その瞬間のことを言う。
如何でしたか?瑞々しく新鮮な恐怖と死の味は。

出典Fate/Zero キャスター

「小僧、お前がライダーのマスターか?」
「違う。ボクは――あの人の臣下だ」
「ふむ?」
「――そうか、だが小僧、お前が真に忠臣であるならば、亡き王の仇を討つ義務があるはずだが?」
「……オマエに挑めば、ボクは死ぬ」
「当然だな」
「それはできない。ボクはあの人に『生きろ』と命じられた」

出典Fate/Zero ウェイバー/ギルガメッシュ

僕はね、正義の味方になりたいんだ

出典Fate/Zero 衛宮切嗣

ある事故をきっかけに、存在の「死」を「線」として視認する事ができるようになってしまった少女・両儀式と、彼女に好意を寄せる黒桐幹也、および彼女達の周辺の人間が次々と怪事件に巻き込まれる伝奇物語。

君の俯瞰風景がどちらであるかは君自身が決めることだ。
だがもし君が罪の意識でどちらかを選ぶなら、それは間違いだぞ。
我々は背負った罪によって道を選ぶのではなく、選んだ道で罪を背負うべきだからだ。

出典空の境界 第一章・俯瞰風景 蒼崎橙子

生きているのなら、神様だって殺してみせる

出典空の境界 第三章・痛覚残留 両儀式

1 2





shimayun0724さん

このまとめに参加する



  • 話題の動画をまとめよう