1. まとめトップ

日本のロト6や宝くじには、本当にイカサマは存在しないのだろうか?

皆さんよく考えましょう。日本の宝くじは、イカサマが無いなんて信用していいものなのですか? ネットで交わされている疑惑についてのまとめです。

更新日: 2013年08月01日

16 お気に入り 344370 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

パチスロの機械は、ドラムが高速で回転していてボタンを押すとそこで止まるように見せかけているが、実は初めから出る目が決まっている。

今の技術なら、宝くじの抽選にも何らかの意志を介在させることが可能ではないのか?

皆さんよく考えましょう。
日本の宝くじは、イカサマが無いなんて信用していいものなのですか?

出典okwave.jp

ロトの抽選に使われている機械です。


ロト6とミニロトの抽選
http://ts4.press.ne.jp/miniloto6/lots.html

いくらでもイカサマが可能だという事は、
いくらでも説が出ます。ロト6を始め、
2ちゃんでも挙げられた説

ロト6、ミニロト

モニターカメラ説
高速回転中のボールをどこかに仕掛けた超小型モニターカメラで写し、
コンピューターに狙った番号のボールの位置を瞬時に認識させ、
ミクロ時間単位で入賞口の開閉タイミングをコントロール、
狙ったボールが入賞口の前に来たときに入賞口を開ける。

センサー説
ボールの中に何か電磁波的な反応を起こす物を埋め込んでおき、
それを抽選機のどこかに仕掛けたセンサーで感知し、
ミクロ時間単位で入賞口の開閉タイミングをコントロール。
狙ったボールが入賞口の前に来たときに入賞口を開ける。

ボール摩擦係数の差説
ボールの摩擦係数を変え、高速回転中のボールの車間距離に、
差が生まれるようにし、その距離の差をどこかに仕掛けたセンサーで感知、
ミクロ時間単位で入賞口の開閉タイミングをコントロール。
狙ったボールが入賞口の前に来たときに入賞口を開ける。

ボールの形状説
たとえば、形状が真球からちょっとでも違っていれば、
高速回転中に跳ね、入賞口に入りにくくなる。

スピーカー説
抽選機につけたスピーカーで抽選機を振動させ、
その振動を何らかの形で利用して出玉操作。

ジャンボ宝くじ、ナンバーズ
矢の発射タイミングを、
狙った数字の的に当たるタイミングでしか出ないよう、
電子的にコントロール。

スクラッチ
高額当たり券は最初にほとんど抜いてから売っている。

600万通りのデータというのは、
約6Mバイトに過ぎない事が私にすら推定できます。
6メガバイトのダウンロード、これはADSL回線などを使う人なら、数10秒でダウンロードできませんか?

600万通りに対し、売上が30億や40億ですから売れている枚数は1500万枚とか2000万枚。
平均2枚から3枚ですか。
そう考えると、1枚も売れていない組み合わせが、数十万通りはあるんじゃないでしょうかね。
そう考えると、1等はもちろん、2等も誰も買っていない組み合わせもたくさん存在し、
それをホストコンピューターで検索する事も簡単でしょう。
たとえば、販売終了後に、抽選機にその組み合わせが出るように仕掛ける。

中間オッズを公開しない事は、イカサマ行為の効率をよくする事につながります。

現実は、確定オッズなどは公開されていない。つまりやろうと思えばごまかし放題の状態です。

さらに付け加えれば、これは抽選機のイカサマ仕掛けが失敗したとしても、
確定後の当選本数の水増しによって、いくらでもイカサマ収入が確保できる事も意味します。

外国では公表する事もある高額当選者の実名。日本では一切公表されません。
これは、宝くじの胴元が常習的、慢性的にイカサマ抽選を行い、
特定の立場の人だけしか高額当選していなくても、まったく発覚しない事を意味します。

高額当選者から税金を取らない、という事は、
特定の立場の人しか当たっていなくても、
税務署経由で、その不自然さが世間に発覚する事が無い事を意味します。

この、当せん金付証票法。売上を自治体に報告するなどの項目がありますが、
恐るべき事に、抽選のイカサマを禁止している項目はありませんし、取り締まる項目もありません。
何も無いんです。

ロト6には、セット玉というのがあります。
43個で1セットで、10セットあるらしいのです。

なぜそういう事をするのかというと、同じセットを使うと、
出目に偏りが出る、という言い分です。

玉の微妙な違いにより、出目に偏りなど出ること自体が、
欠陥抽選機?

1 2





このまとめへのコメント2

  • この投稿は現在表示することができません。

  • この投稿は現在表示することができません。

1