1. まとめトップ

【百合のススメ】百合ゲームを始めたい人にプレイして欲しい百合ゲー10本【入門用】

「百合なアニメや漫画は見るようになったし、そろそろゲームでも始めてみようかな?」そんな最近百合ゲームが気になる人へ、百合ゲームの入門用にまずチェックして欲しいおすすめ作品のまとめ。

更新日: 2013年02月20日

yuri-yuiさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
129 お気に入り 320297 view
お気に入り追加

このまとめの趣旨とまとめた人の紹介

■百合ゲ好き管理人のおすすめ5本■ はじめに

さて、有難くも私、百合ゲ好き管理人は入門用百合ゲーの紹介記事の執筆依頼を頂き、実際にこうして書かせて頂いている訳ですが・・・。
正直に申し上げますと記事作成は非常に難航しました。

何故か?
それは
百合ゲーにおいて入門とはなんぞや?
という根源的な問いに行き着いてしまったから。

"入門"を辞書で引いてみると
「学問などを学び始めること」
とあります。

ならば、今回の命題は百合ゲーを学び始める最適な作品は何か?という事になるでしょう。
しかし、これではあまりに抽象的過ぎますし、百合という定義が曖昧である以上、客観性に著しく欠けます。
なので、まずは客観的な面からその作品を絞っていく事にしました。

まず"入門"・・・学び始める事が肝要なのですから、その門は広く開け放たれていなくてなりません。
ならばプレイに当たって制限があるもの・・・要は明確に年齢制限があるアダルト作品は候補から外れます。

また刺激が強い表現・・・具体的には過激な殺傷や流血表現等がある作品も候補から外した方が良いでしょう。
そして当然ながら、2013年現在で安定した入手ルートが確保されている事も重要です。
2013年現在でバーチャルボーイ作品を勧められてもプレイするのは至難ですからね。

またプレイするに当たって"予習"をしないと十全に楽しめない可能性がある作品も"入門"としては不適でしょう。
なので、原作付作品や前作プレイが前提となっている連作作品も対象から除外です。

さぁ、これで客観的な絞込みは終わりました。
ですが、勿論これでは対象作品が多すぎますし"百合"という要素は一切加味されていません。

しかし、先述した通り"百合"の定義は非常に曖昧なため、百合要素の内容と言う観点から"入門"を導き出すのは無理でしょう。
そのため、若干卑怯な気もしますが・・・別の面からアプローチをする事にしました。

とは言っても、どうしても主観的になってしまいますが・・・。
ですが、これこそが今回の記事の"味"である事も確かなので、どうかご容赦を。

では、語っていきましょうか。
"入門"に相応しい要素は"万人が触れる事が出来る"ですが、私はもう一つ重要な要素があると考えます。

それは"学び尽くせること"。

別な言い方をすれば、モチベーションを常に高い状態で維持してくれる作品とも言えます。
今回はゲームが対象なのですから"最後までプレイ出来ること"という事になるでしょうか。
それを踏まえて私が導き出した百合ゲー入門作品に必要な要素が以下です。

・女性同士を能動的に仲良くさせる事が出来ること
百合には色々な定義がありますが、女性同士が仲良くしているのを見て不快に思う百合好きはそうはいないでしょう。

また多くの百合好きはアニメや漫画から百合ジャンルに触れる訳で、わざわざ鑑賞するための負担が強いゲーム作品に手を出すのは"他の媒体に無いゲーム特有の要素"を求めている可能性が高いと思います。
そう考えれば"自らの手で女性同士が仲良くなる"、"仲良くなる女性を選べる"といったゲームならではの要素はモチベーションの維持に高い効果を発揮するでしょう。

・ゲーム性が高いこと
先ほどの"・女性同士を能動的に仲良くさせる事が出来ること"の項でも述べましたが、わざわざゲーム作品に手を出すのは他の媒体に無い"ゲーム特有の要素"を楽しみたいが為でしょう。
ならば、ゲームがゲームたるが所以・・・ゲーム性の高さはゲーム初心者プレイヤーを惹き込むための重要な要素であると思います。

・女性同士の関係がストーリーにおいて重要であること
これはゲームに限った話では有りませんが・・・百合要素を求めて作品を鑑賞する訳ですから、ストーリーにおいて百合要素がある程度の重要性を持っていないと百合好きとしてはつまらないでしょう。

・結末が悲劇的ではないこと
何度も書いていますが、ゲームは鑑賞するための負担が強い媒体です。
ハードの購入や設定、絶えず操作を必要とし少なくない時間をプレイに捧げる・・・基本的にゲームは楽しいものですが、そこには他の媒体に比べて圧倒的な負担や努力が存在するのも事実です。

その結末が悲劇的なものだったら?
主人公や仲間達の努力や想いを完全に踏みにじるようなものだったら?

負担が強いだけに落胆もまた大きいでしょう。
物語に対する好みや考察は千差万別ですが悲劇的結末、つまりプレイヤーの努力が報われないかのような印象を与える作品は入門作品としては少々ハードルが高いかと思います。

以上の要素のいずれかを含みつつ、総合的に見て私が入門に適していると判断した作品が次にご紹介する5本です。

■百合ゲーム1本目■ Bitter&Sweet

【ハード】Windows
【ジャンル】百合短編ADV
【価格】フリーウェア
【対象年齢】全年齢
【公式サイト】
http://www.liliumrubellum.com/top.html

【入手方法】vectorでのダウンロード
http://www.vector.co.jp/soft/win95/game/se280850.html

【ストーリー】
主人公の乃亜は、学園のアイドル姫宮綾乃にバレンタインデーにチョコを渡そうとする。
しかし、思わぬ人から逆にチョコをもらってしまう。それが全ての災い(?)の始まりだった。

Bitter&Sweet おすすめポイント

女子高、先輩後輩など百合作品の王道とされる要素が多く、それだけに多くの方がプレイしやすい作品だと思います。
もちろん、そういった作品は本作以外にも多く存在し、これだけで百合ゲー入門作品とした訳ではありません。

選出理由は、マルチエンドであり"選択肢によって物語の展開や結末(攻略キャラ)が変わる"というゲームならではの感覚を楽しめること。
そして、それがフリーウェアと言う非常に手軽な形でプレイできる事を重視し、本作を選出しました。

最後に難点を言えば、トゥルーエンドに到達するのがやや難しいこと。
この点は入門作品として適しているか判断に迷いましたが、一つ一つのストーリーが短い事やスキップが早い事などリトライする労力が少なめであるため良しとしました。

■百合ゲーム2本目■ 吸血少女

【ハード】Windows
【ジャンル】百合短編RPG
【価格】フリーウェア
【対象年齢】全年齢
【公式サイト】
http://rpgex.sakura.ne.jp/home/

【入手方法】vectorでのダウンロード
http://rpgex.sakura.ne.jp/home/game/Kyuuketu/

【ストーリー】
人間の血を吸って力を取り戻し、迫りくる刺客を撃退していきます。
戦闘はタイミングよくボタンを押すとコンボになり、追加攻撃ができます。
マルチエンディングです。

吸血少女 おすすめポイント

タイトルから連想される通り、吸血鬼の少女と人間の少女との物語であり、本作の設定もまた百合作品の王道の一つと言えるでしょう。
また他の選出理由として
・攻略相手が複数(3人)から選べる
・独特のゲーム性とそのゲーム性の高さ
があります。

本作も一つ一つ(攻略キャラ毎)のストーリーは決して長くはありませんが、これらの要素は百合ゲーとしてプレイヤーを非常に楽しませてくれるでしょう。

そして、もう一つ本作を入門作品とした理由は、私が強い感銘を受けた作品の一つだからです。
この"感銘"を具体的に言うと「RPGツクール作品は製作しやすい代わりにシステムが画一化されてしまう」という思い込みを打ち砕いてくれたこと、です。

お陰で様々なRPGツクール作品を探索するようになり、たくさんの良作に出会えました。
そういった意味では私に取ってのRPGツクール作品の入門と言える作品の一つであった訳で、本作でのプレイを機に様々なRPGツクール作品をプレイして欲しいという、ある意味私のわがままで本作を選出しました。

ちなみに初めて感銘を受けた作品は本作と製作者様が同じである「王女様と薔薇の騎士」であり、そちらを推そうとも考えましたが
・百合要素がややネタ寄り
・ダンジョンを歩き回る要素があり、コントローラーが無い人は快適にプレイ出来ないかも知れない
と思い、今回の候補から外しました。

■百合ゲーム3本目■ 姫百合の乱

【ハード】Windows
【ジャンル】戦略SLG
【価格】630円(シェアウェア)
【対象年齢】全年齢
【公式サイト】
http://nekomatasyamisen.sakura.ne.jp/index.html

【入手方法】販売サイトでのDL購入
http://www.dlsite.com/home/work/=/product_id/RJ094432.html

【ストーリー】
長い間、東西の冷戦が続くアーリシア帝国。
主人公・ノエルは、そんな帝国の第二皇女。
放浪癖のあるノエルは、視察と称して諸外国を渡り歩いていた。

そんな折り、友人のマリナと兄・ユウナとの政略結婚が決まる。
友人を救うため、また、世界を変える為に、ノエルは実の兄弟たちに戦争を仕掛ける。

姫百合の乱 おすすめポイント

戦略SLGという百合ゲーの中では珍しいジャンルの作品。
好みが分かれるジャンルである事や難易度が高めである事を考えると、入門作品としては厳しいかも知れません。

ですが、難易度はこまめなセーブ&ロードを行えば決してクリア出来ない程では無いと思いますし、控え目な価格に対してゲーム性とその完成度の高さはかなりの物です。

そして"入門"として推したい最大の理由は「男性キャラを魅力的に描きつつも、百合恋愛を成立させたストーリー」にあります。
これはゲーム作品に限った話ではありませんが、どうも百合作品(特に百合恋愛もの)においては男性キャラが登場しない、しても魅力の無いキャラである事が多いように思います。
(私の見識が狭いだけかも知れませんが、上記の条件を満たす作品でぱっと思い付くのは「神無月の巫女」くらいです)

もちろん百合を楽しむための作品である訳ですから、男性キャラはお呼びでない事は分かりますし、それはそれで百合作品の一つの理想形であると思います。

ただ、今回の選出基準が"入門"である以上、百合ジャンルその物に対しての入門者が触れる事も充分有り得る訳で、そういった方々に「百合関係というのは男性が登場しないから成り立つ」といった認識を与えたくないという想いが私にはあります。

これも正直言って私のわがままなのですが、百合関係は魅力的な男性が存在しても成り立つしっかりとした愛の形であり、それを表現した作品もあるという事を入門者の方々に知っておいて欲しいと思って本作を選出しました。

■百合ゲーム4本目■ サモンナイト2

【ハード】PS(DL版はPS3/PSP/PSVita対応)
【ジャンル】シミュレーションRPG
【価格】600円(DL購入)
【対象年齢】全年齢
【公式サイト】
http://www.summonnight.net/

【入手方法】PSストアでのDL購入
店頭でのパッケージ(ディスク)購入
※入手難である事やハードの状況を考えるとパッケージ購入はあまりオススメ出来ません

【ストーリー】
見習い召喚師である主人公は、突然「視察の旅に出る」という任務を与えられる。危険も障害もない、ただの視察旅行のはずが、自分の運命を変える一大事件に巻きこまれていく・・・。見習い召喚師の旅の行く末に待ち受けているものは・・・いったい!?シリーズ第2作目。

サモンナイト2 おすすめポイント

百合前提作品では無いため選出するか否か非常に迷いましたが、ゲームとしての面白さと"女性主人公で女性キャラを明確に攻略できる"点、そして私がプレイしたアメルルートが百合的に非常に良く感じたため選出しました。

本作もシミュレーションRPGという事で、やや好みが分かれるジャンルではありますがフリーバトルでレベルをしっかり上げればクリアは難しくないと思います。
また先述したとおり"女性主人公で女性キャラを明確に攻略できる"システムである「夜会話」はかなり楽しく、プレイするためのモチベーションを高くしてくれます。
(攻略対象となる女性キャラが多いのもポイントですね)

百合前提では無いため明確に恋愛寄りな方向へ行かないのは残念ですが、総合的に見れば入門作品として良い作品だと思います。

■百合ゲーム5本目■ ペルソナ3ポータブル

【ハード】PSP(DL版はPSVita対応)
【ジャンル】RPG
【価格】2,310円(DL購入)
【対象年齢】全年齢
【公式サイト】
http://p3p.atlusnet.jp/

【入手方法】PSストアでのDL購入
ゲーム販売店でのパッケージ(UMD)購入
※新品はやや入手難かも知れません

【ストーリー】
深夜0時、満月の夜、学園で何かが起こる。

■謎めいた夜に、月光館学園へ転入。
月光館学園に転入するために学生寮がある巌戸台駅へと降り立った主人公。
すっかり到着が遅れてしまい深夜0時を過ぎてしまった。
街には人の気配が全くなく、そこには不気味なオブジェが立ち並んでいた。

ペルソナ3ポータブル おすすめポイント

本作は百合前提作品では無い上に攻略要素は異性間しか発生しないという点もあり、これまた選出するか非常に迷いました。
ですが、攻略要素はあくまでおまけ的な要素でストーリーに大きく絡まない上、回避も容易であり
・様々な女性キャラと仲良くなれる事ができ、その一つ一つのストーリーが非常に良いこと
・ゲームとして非常に面白いこと
というメリットを殺すほどでは無いと判断し、本作を選出しました。

特に様々なキャラと仲良くなれるシステム「コミュシステム」は(百合的には)キャラ攻略こそ出来ませんが、キャラ毎のストーリーが本当に面白く良い。
百合的には強い友情といった感情はもちろん、キャラによっては恋愛感情としか思えない想いを向けてくれる事も!

百合的な好みが様々である事を考えると、一つの作品で女性同士(女性主人公と女性キャラ達)の色々な関係が楽しめる作品は入門作品として良作かと思います。
まぁ見方によっては女性主人公が複数の娘に手を出しているかのようにも見えるので、そこは何とも・・・ですが(汗)
(そう言えば「神無月の巫女」の介錯先生がそんな感じの同人誌を出していたような・・・)

ゆれびゅーのおすすめ5本 (6~10本目)

■百合ゲーム6本目■ アカイイト

1 2





百合関連の話題のまとめを作成しています。
あと、百合作品の感想まとめブログもやってるんで、よかったらそっちも見てください。