1. まとめトップ
  2. レシピ

一度は試してみたくなる「カレーの隠し味」

カレーって研究しがいがある料理ですよね。アレを入れたり、コレを入れたり美味しさ(と自己満足)を追求するため、様々な隠し味を試した事がある人も多いのではないでしょうか。このまとめでは、ネットで見つけた一度は試したくなる隠し味を紹介します。

更新日: 2016年04月22日

1816 お気に入り 5011306 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

▼ まずは定番隠し味

にんにく

カレーの隠し味 1位は「にんにく」

引用元の調査では、3人に1人が入れているとか。定番中の定番です。

カレーをパンチのある味にしてくれます

ショウガもニンニクも、本場インドのカレーでは隠し味どころか必需品です。

すりおろすところがポイント

みじん切りではなく、すりおろすことで香りがカレーに上手く混ざります。

りんご

カレーに甘みをプラスしてくれます

リンゴが最初から入っているルウもありますよね。

とくにポークカレーにおすすめ、味を「引き締め」ます

カレーをまろやかにしたい時は迷うことなく投入!

はちみつ

甘みを足したり、翌日のカレーを軟らかくしたり、スパイシーさをひきたてたり・・・と色々なメリットがあります

はちみつの酵素がカレーのとろみの素である小麦粉の成分を分解してしまう特性があるので、ルウを入れた後の仕上げのつもりで入れるとカレーが水っぽくなってしまいます。ルウを入れる前の段階でハチミツを加え、75℃以上で充分に煮込むのがおすすめです。

はちみつには、固いお肉を柔らかくする力がある

蜂蜜にはビタミンも豊富。胃粘膜保護、疲労回復などの効果も期待したいところです。

カレーが、とろとろになるかサラサラになるかは、蜂蜜を投入するタイミングで決まります。

とろみを残したいのであればカレーを煮込んでいる最中に蜂蜜を入れます。
逆にサラサラのカレーにしたい場合は、火を止めてカレーの粗熱が取れたころに小さじ1杯の蜂蜜を入れると良いそうです。

ヨーグルト

甘みやコクを出します

ヨーグルトだけでなく、牛乳、バターなどの乳製品もおすすめ。
本場インドでもヨーグルトは必ず入れます。

さわやかでのど越しの良いカレーになります

スプーン2杯程度が適量。グツグツ煮立っているところに投入すると白いツブツブが残るので、入れるタイミングに注意です。

ウスターソース

美味しくないカレーの救世主

お父さんが珍しく張り切って作ったカレーが美味しくなかった時にドバッとかけます。

昔はカレーライスにはにウスターソースをかけて食べるのが一般的でした

昭和の頃には、"洋食といえばウスターソース"という暗黙の了解があったみたいです。

▼ 一度は試したことがあるかもしれない隠し味

バナナ

なめらかでほどよい甘みを持ったカレーに!

すりおろしたものをルーと一緒に煮込むのが良いようです。

甘みを強めたい場合は、古めのバナナがおすすめ

柔らかくなりすぎたバナナが嫌いな人は、いっそのことカレーに入れちゃいましょう♪

チョコレート

1 2 3 4





このまとめへのコメント1

  • dpartyさん|2013.02.05

    味鈍感だから、「隠し味入れたけど隠れすぎてて味変わらないなあー」って足しすぎてすげえ不味くなる。

1