1. まとめトップ

160億円ボロ儲け!英投資会社が日本の競馬で荒稼ぎした驚きの手法

ちょっと古い話ですが、最近似たような件があったので調べてみました。

更新日: 2013年02月05日

yhnmjuさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
9 お気に入り 37093 view
お気に入り追加

競馬で儲けるなんて、そんな事出来るわけがない!

普通そう考えますよね。自分もそうでした。

でも世の中には本当に色々なことを考える人がいるものです。

以下は実際にあった話です。

1.実際に競馬で160億円も儲けた会社があった

2009年の話ですが、とあるデータ分析会社が3年間に約160億円もの所得隠しをしていたことが発覚します。

一体どのようにしてそのような巨額の利益を得たのか?

驚くべきことに、その会社はデータ分析を駆使し、競馬の配当金でその全額を稼ぎ出していました。

配当160億円所得隠し 競馬予想プログラム会社に指摘 東京国税局

2.一体どのようにして儲けたのか?

そんな方法があるなら、ぜひ知りたい!

そう思いますよね。自分もそうでした。

でも話はそんなに簡単ではないようです。

具体的には以下のような方法だったようです。

プログラムによるデータ分析で、レースで3着までに入らない可能性が高い『はずれ馬』を除外

倍率が高い馬券には少額、倍率が低い馬券には高額をかけ、配当金が投資額を上回るよう計算

実際には億単位の資金を使い、ほとんどの組み合わせの馬券を購入していた。

3.では何が問題なのか?

ついに絶対儲かる方法が見つかったってことでしょ?

この会社は所得隠しなんかしたからいけないわけで、自分はちゃんと所得申告するから問題なし!

確かに今すぐには億単位のお金は用意できないけど。。

いえいえ、実は意外な落とし穴があるのです。

約28億7000万円分の馬券を購入。約30億1000万円の払い戻しを受け、約1億4000万円の利益を得た

所得税法によると、馬券を幾らたくさん買おうと、的中した馬券の購入部分だけが経費で、外れ馬券は経費とみなされない

億単位で馬券を買うわけですから、当然外れ馬券も億単位になるわけで。。

これらが経費とみなされないんじゃ、どうやっても儲からないですよね!

そもそも億単位のお金を用意できる時点で、
もう十分お金持ちのような気もしますが。。

いずれにしても、楽して儲ける方法はないみたいですね。。

みなさん、変なコトは考えずに地道に頑張りましょう!

1





yhnmjuさん

心にうつりゆくよしなしごとをそこはかとなく書いていきます。