1. まとめトップ

塩麹はもう古い【美味い 健康 すぐできる】『塩酒かす』こそ正義

塩酒粕…ワアムポオリジナル。これぞステキ調理法。麹に飽きたらこれ!酒のつまみに、ご飯のおかずに!

更新日: 2017年04月23日

56 お気に入り 31150 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

wampoさん

酒粕すげーーーーー!その効果とは

ペプチド・アミノ酸・ビタミン・酵母がたっぷり。
アルコールを含むので血流、代謝もアップ。

まさにいいことづくめの酒粕を簡単に
毎日の食卓にとりいれる方法を紹介!
どこでも売ってるしすぐできる!

なんでも漬けろ!チョー簡単『塩酒かす』準備編

なんでもいい!まず液体の
『浅漬けのもと』を用意!
(料理上手な人はもとを自作してもいいぞ!)

あとお好きな酒粕を購入!
終わり!

●お父さんの弁当箱よりは
  大きいサイズの保存容器
  (100均のでok)

●お玉

●レンジ

●泡立て器

●漬けたいもの

1、保存容器に酒粕をいれる。量はおにぎり1〜2こ位の量。もう、適当に半袋位をいれてしまえ。

2、お玉の水1〜2杯程を酒粕にぶっかける。

3、レンジ500wで1〜2分チン
(やわらかくするだけ。加熱しすぎない。)

4、泡立て器で混ぜる!
堅そうだったら、少し水を足して、数秒チン。
固めのヨーグルト位の堅さにするんだ!

5、浅漬けのもと お玉2杯を投入。
 (薄味が好きな人は1杯)終わり!

出来た塩酒かすはそのまま、生野菜のディップにしてもよし、
ご飯にかけてもよし、卵焼き作るときにちょっと混ぜてもよし、
カレーにちょい足し、物足らないみそ汁に足すとうまみアップ等々、
様々な利用法があります。今回は『塩酒かす漬け』を中心に紹介します!

『塩酒かす』に漬けるぞ漬けるぞわっしょーい!おすすめ素材

●うすく削ぎ切りがおすすめ。
●塩酒かすをまぶして1日以上冷蔵庫放置。
面倒なら保存容器につっこんでしまえ。
(注意!一度なまものをいれた
塩酒かすは生食できなくなるよ)
●後はかすを落として(または洗ってペーパーで水気をとる)フライパンに薄く油をひいて焼くだけ!

コロコロにきってもパサパサしないよ〜

やり方は同じ。コロコロのカットでok
カットしなくてもok

こげやすいので焼くとき強火はNGでーす。

豚肉も生姜焼きかカツ用の厚みのあるのでやるとおいしいよ〜〜!

タラ、赤魚、鮭、白身なんでも。

サバ、ブリ等の青魚もおすすめ!
生臭さがなくなる!
なんちゃってサワラの西京漬みたいになる。

おすすめつけ込み2〜5日

(注意!一度なまものをいれた塩酒かすは使わないで下さい)

野菜専用の容器を用意するのがベター。そこにお好きな野菜をなんでも入れてしまえ!

小さめに切ると半日で食べられる。
洗うの面倒派は、マキのように4ツ割にして
1日以上おくといい。

☆こちら非加熱ですので微量のアルコールを含みます。車の運転前は食べないでね。

(注意!一度なまものをいれた塩酒かすは使わないで下さい)

半分に切ってタネをとってつけておけ!
ピーマン苦手な人も食べられる、
おいしい漬け物ができる。

☆こちら非加熱ですので微量のアルコールを含みます。車の運転前は食べないでね。

(注意!一度なまものをいれた塩酒かすは使わないで下さい)

木綿のほうが扱いやすい。
厚みを半分にして3日以上漬ける。
珍味。わさびをつけて食べても。

☆こちら非加熱ですので微量のアルコールを含みます。車の運転前は食べないでね。

コツとか裏技とか

●塩麹と違って熟成期間なしだが
台所で1〜2日熟成させてもいい。


●直接つけこみしたら、以後は容器ごと
冷蔵庫で保存推奨。


●何度でも使えるが、段々水っぽくなるので
滓と浅漬けの素を足してもいい。


(画像はジップロックのコンテナでつけたとり胸。大きいモノ一枚をスライスして投入したところ)

●ヨーグルトぐらいの濃度を
維持すると使いやすい。

●こびりついたときは
スパチュラが便利。

●いちいち落とすのが面倒な人は
ガーゼや丈夫タイプのキッチンペーパーで
素材を包んで漬けるという手もアリ。

●毎度使い切りでビニール袋に素材と作っておいた塩酒かすを投入、もみこみ漬けるという手もある。

●つけ込みが待てない人は
30分位でもいけるっちゃいける
(適当に)

●酒粕は板状のが多いけど
最初から柔らかいやつを
使うとラクちん。

●フードプロセッサーがあれば
さらにラクチンだ。

●しょっぱさは浅漬けの素で決まるので
お好みで増減するといい。

(今回使用したのはごろっとした滓)

●火の通りが凄い早いので
普段の鳥ソテーより早めに仕上げる

●オリーブオイルで焼いてもいいし
直火焼きもおいしい。

●といた小麦粉や片栗粉をつけ揚げれば
うまーーい唐揚げになる!

(写真は5日つけたとりむね肉。
色が若干濃くなって、透明感がある)

単純にフライパンで焼いただけでこの照り!

どうだ、やるしかあるまい。

1