1. まとめトップ

すご過ぎるアン・ハサウェイとこんなにいる!歌える女優まとめ(ミュージカル映画

日本ではヒットが難しいと言われていたミュージカル映画での久々の大ヒットを記録しているレ・ミゼラブル。その中でもアン・ハサウェイの素晴らしい歌声に感動した人は多いのではないでしょうか。実は彼女以外にも歌える女優、こんなにいるんです!

更新日: 2013年02月21日

95 お気に入り 86450 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

Yumiko551さん

現在30歳、ニューヨーク出身の女優。

2001年公開のディズニー映画プリティ・プリンセスへの出演をきっかけに知名度が急上昇するものの、「プリンセス」「優等生キャラ」のイメージが強すぎてしばし低迷。

2005年のブロークバック・マウンテンの出演を機にアイドル色を一掃、2006年のプラダを着た悪魔が大ヒット。

そして2012年、レ・ミゼラブルで吹き替えなしのミュージカルに挑んでゴールデングローブ賞助演女優賞を受賞!

ゴールデングローブ賞助演女優賞受賞
全米映画俳優組合賞助演女優賞受賞
アカデミー助演女優賞ノミネート

レ・ミゼラブルのファンティーヌ役で栄誉ある賞を受賞。今まさに旬の役者、アン・ハサウェイ!

貧乏に敗れた女の人生の嘆きを歌う彼女のシーンは、心も身体も震えるほど鬼気迫るものがある。全体を通してファンテーヌの出番は多くないが、本作で大きな存在感を放っているのは、まさしくアン・ハサウェイの歌唱力と演技力にあると言って過言ではない。

実はアンの歌のうまさはエンタメ界ではかなり有名。まだ素人だった高校生の頃からコーラス部に所属し、このグループで2度もNYのカーネギーホールのコンサートに出場している

「演技を始めた当初は、自分のキャリアはミュージカル、舞台にあると思っていましたが、映画の出演に恵まれているということもあり、しばらくそちらを優先していました。でも、その間も、歌やボイスレッスンは欠かさずに、10年ほど続けてきています。それだけに、今回の『レ・ミゼラブル』で歌える機会をいただいたときには、自分は何年間も予習していたんだという気持ちがしました」。

世界的に有名な「夢やぶれて」を歌うのはわたしにとって大変な試練だった。だって世の中にこの曲をわたしよりも上手に歌える人は山ほどいるんだもの。例えばスーザン・ボイルとかね。わたしは彼女のような歌声は持っていないから、自分なりの表現方法を探していかなければならなかったの。

スーザン・ボイルの圧巻の歌声が話題になったのもこの曲からでした。(邦題:夢やぶれて)言わずと知れた名曲を映画の中でアン・ハサウェイが歌ったバージョンです。世界中で賞賛の声があがるのも納得の感情がこめられた素晴らしい歌声です。

☆実は過去にもミュージカル映画に出ていたアン・ハサウェイ

アン・ハサウェイ主演のファンタジー系ラブコメ。この作品の見所は各所に挿入される役者たちのミュージカルシーン。色あせぬ名曲を軽快なダンスとともに披露しています♪

Elton JohnとKiki Deeのデュエット曲、Don't go breaking my heartのカバー。

女優が歌ったミュージカルで定番といえばコレ、CHICAGO(シカゴ)

第75回アカデミー賞、第60回ゴールデングローブ賞の作品賞を受賞。

1920年代のシカゴを舞台に、スターを夢見ながらも刑務所に収容され、争いに巻き込まれる主人公の波乱と、スターダムへと上り詰める様子を描く。

リチャード・ギア、レニー・ゼルウィガー、キャサリン・ゼタ=ジョーンズ主演という豪華キャストに加え、さすがプロだと唸らせる歌声とキレのあるダンスは各方面から絶賛の声があがりました。

レニーといえばブリジット・ジョーンズの日記のイメージが強いですが、まさに別人!と思えるほどの変化っぷりです。

レニー・ゼルウィガーとキャサリン・ゼタ・ジョーンズ二人が歌うフィナーレ曲。歌声だけでなく、キレのいいダンスも必見。

人気俳優×女優が競演した代表的なミュージカル映画 ムーラン・ルージュ

パリにあるキャバレー「ムーラン・ルージュ」を舞台とする、踊り子と若き作家のラブストーリー。

ニコール・キッドマンとユアン・マクレガーが主演し、吹き替えなしの歌声を披露。

当時無名だった新人女優が大抜擢されたオペラ座の怪人

当時はほぼ無名だったジェラルド・バトラーと新人女優エミー・ロッサムが大抜擢された。こちらも吹き替えなしの役者達本人の歌声。

エイミー・ロッサムの素晴らしい歌声はもはや本物のオペラ歌手とすら思えます。

Gleeの出演など、最近は歌うことも多いグウィネス・パルトロー

グウィネス・パルトローとレイトン・ミースターが出演し、人気カントリー歌手ティム・マックグロウと競演。グウィネスはこの作品でアルコール依存症のカントリー歌手を演じました。

グウィネスがアコギを弾きながら歌うCountry Strong。その姿はまるで本職の歌手のよう

こちらがGlee出演時のバージョン。ポップもお手の物です

ゴシップ・ガールでお馴染み、ブレアことレイトン・ミースターも!

歌手活動も精力的に行いたい、と本人が発言している通り、オリジナル曲もいくつか発表しているレイトン。映画の中でもその歌声を披露しています

こちらの曲は残念ながら作中では使われていないのですが、名カバーなのでぜひ聞いてください!往年のカントリー・ソングのカバーです。「誰がカレシなんて要るの?私には最高の女友だちがいるんだから!私たちが一緒にいれば 夏はずっと終わらない」というイマドキガールズにぴったりな一曲。

1 2