脳の動きを見てみると、矢野さんが右脳だけ反応したのに、ピアニストは左脳も反応しました。

出典知識の宝庫!目がテン!ライブラリー

右脳が感覚をつかさどり、情報処理が遅めなのに対し、左脳は論理・つかさどり、情報処理も早いのです。ピアニストは左脳で音楽を処理できるので、すばやく指先に指令を下せるというわけなのです。※日テレ『所さんの目がテン!』より。矢野アナウンサーとピアニストの脳の動きを比較

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

ピアノを弾くと脳の働きが高まる理由

両手を複雑に使うピアノ演奏。「考えながら指を動かし」「楽譜を先読みし」「曲のストーリーに沿って暗記する」ことによって、脳に良い影響があるようです。そんなピアノの効能を紹介します。

このまとめを見る