1. まとめトップ
  2. カラダ

目の老化を防ぐ方法。視力回復、老眼防止、眼精疲労なども防げるかも

最近、目が疲れてしまっていませんか?もしかしたら、目の老化が、進んでしまっているのかもしれません。しっかりと、対策をすることによって、老化は防ぐことができますよ。

更新日: 2013年02月06日

922 お気に入り 141305 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

max-fryceさん

目の老化の原因とは?

血行不良

目のエネルギー源となる栄養は毛細血管から運ばれてくるので、
血行が悪ければ当然、必要な栄養が不足して目の機能が衰えてしまいます。

紫外線

紫外線は目の奥の水晶体やその奥の網膜にまで侵入し、ダメージを与えてしまいます。

乾燥

目が乾燥して視力が落ちたり、細菌感染しやすい状態になります。

活性酸素

細胞や組織を傷つけ、老化を早めてしまう物質です。
これを抑制することが、ものすごく大切となります。

目の老化の種類

老眼

老眼は40代前後から徐々に近くのものや細かい文字が見えにくくなる現象です。

ドライアイ

目をうるおいのベールで包む涙の量は加齢とともに減少します。

白内障

加齢や糖尿病などの影響で水晶体が濁り出すと光が透過しにくくなり、
網膜に情報が映りにくくなります。

加齢黄斑変性症

網膜の中心にある「黄斑」の細胞が老化したり、そこに老廃物がたまって機能が低下すると、
ものが歪んで見えたり、見ているものの中心が欠けたりします。

緑内障

眼球は「房水」という液体で満たされており、その循環が悪くなって、
視界の一部が欠けたり、暗くなったりする

飛蚊症(ひぶんしょう)

眼球の中にあるゲル状の硝子体が老化して液状に変化すると、
硝子体の繊維成分が黒く飛んで見えます。

眼瞼下垂(がんけんかすい)

加齢によってまぶたが垂れて、目が開きにくくなって視界が狭くなる状態です。

目の老化の対処法

老眼

老眼を予防する方法は、目の疲れをためないことが重要です。

ドライアイ

日頃から目の渇きを感じたら、こまめに目薬をさして目の水分補給をしましょう。

白内障

生活習慣を見直すこと、そして目の老化を予防するために
抗酸化物質のルテイン、アントシアニンなどを含んだ食物やサプリメントを飲みましょう。

加齢黄斑変性症

亜鉛やカロチノイドなどを摂取することが、かなり有効です。

緑内障

40歳を過ぎたら年に1回、眼科で検診を受けましょう。

飛蚊症(ひぶんしょう)

目を酷使しないこと、疲れたら目を休ませることです。

眼瞼下垂(がんけんかすい)

目のまわりの筋肉をよく動かし日頃から表情豊かに生活することです。

目の疲れを取るマッサージ

1