Cは炭素の元素記号です。
数字の14は、その炭素の陽子と中性子の合計数(質量数)です。
(この14などの質量数は元素記号の左上に書かれたりします。)

多くの炭素は安定したC12として存在しています。
陽子6個と中性子6個です。

しかし、中性子の数が異なるC13やC14も存在しています。
C14は陽子の数は6個ですが、中性子の数は8個です。

陽子の数が同じで、中性子の数が異なるものを同位体といいます。

このC14は、安定的なC12と異なり不安定な状態で、放射線を出す性質があります(放射能)。
このような同位体を放射性同位体といいます。

C14は、放射性炭素の一つになります。

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

放射性炭素C14年代測定法の基本原理の簡単な説明や近年の動向などのまとめ

歴史や考古学などで使用する放射性炭素C14年代測定法の簡単な説明。物理の基礎から、C14の生成・崩壊、基本原理、宇宙線などの影響、最近の事例。

このまとめを見る