1. まとめトップ

【不眠症解消法】ちょっとした工夫で「3秒寝」できる方法まとめ

ちょっとした工夫で熟睡できる方法をまとめました。いろいろありますので、ご自分に合った方法を試してみてください!

更新日: 2013年02月06日

sekidoxさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
181 お気に入り 246355 view
お気に入り追加

寝室を真っ暗にしない

真っ暗だと不安感を覚え、緊張して眠れません。
枕の横にランプなど置いてぼんやりさせると眠気を誘います。

あおむけではなくよく向きで寝る

あおむけで寝ると、舌などが重力で下むきに落ち込み気道が狭くなるため

2.3分お手玉をする

お手玉でなくてもよいですが、単純に一点に集中することで、前頭部よりアルファー波が出現してきます。

寝る前にコーヒー・タバコなどの刺激物は取らない

お風呂に入ったら、すぐに寝る

入浴後10分~15分位で体温が下がり始めます。その時に1番眠りやすい瞬間がきます。

好きな香りのものを寝室に置く

ラベンダーなどの気分を落ち着かせる芳香剤(アロマオイルなど)を置くことで心をリラックスさせ
すみやかな睡眠状態に入れます。

宝くじが当たった時のことを想像する

心配ごとや不安があると神経が高ぶって眠りにくくなってしまいます。
そんな時は、わがままに「こうなったらいいな」ということを想像してみてください。

呼吸法でリラックスする

気功やヨガで用いる呼吸法です。睡眠に適した状態は心配や緊張のない「無」の状態になること。

セックスする

セックスすることによってストレスが緩和され、体がリラックスし、さらに幸せに感じる化学物質が出ることによって、眠りやすくなるそうです。

十分に眠れなかったとしても心配するな!

あまり眠れなかったことをくよくよと考えるな、というアドバイス。あまり眠れなかったことを気にし始めると気分がネガティブになり、どんどん眠れなくなる悪循環に陥るため。

目覚まし時計を夜に見るな!

目覚まし時計を見ると不安が加速され、時間に関して強迫観念的になるので、見ない方がよいそうです。

ベッドに行くのは眠たいときだけにする

ベッドに行くのはあなたが本当に疲れて眠たいときだけにするべし

眠ることを自分に強制するな!

眠ろう眠ろうと思えば思うほど、眠るのは難しくなる、と。

体を温める

いくつかの研究によると、お湯につかるなどの行為で体が温まると熟睡しやすいとのこと。

寝過ごすことを回避せよ

なかなか眠れないことが原因で逆に寝過ごすといったことがつづくと、体内時計がリセットされてしまって夜に寝ることが難しくなるそうです。

寝るためにお酒を飲まない

夜遅くにお酒を飲んではいけないそうです。というのも、アルコールによって最初は鎮静剤の効果があるものの、結果的には睡眠を妨害する効果が出るとのこと。アルコールを飲めば寝やすくなるというのは迷信だそうです。

寝ることとセックスすること以外で寝室やベッドを使うな

テレビを見たり何かを食べたり、本を読んだりすることに使ってはいけないとのこと。確かにこれらのことをすることで眠ることができる人もいるが、そもそも眠りにくい人の場合、脳が「ここは寝る場所ではない」というように感じ取ってしまい、目覚めるようになってしまうらしい。

仮眠しない

もし不眠症で苦しんでいるのであれば、仮眠しようとしてはいけないとのこと。というのも、夜に眠りたいのに仮眠してしまうと、後々眠ることができなくなるため。

安眠に効果のある食べ物(飲み物)を摂る

ストレスや血行不良も熟睡の妨げになります。安眠効果のある食べ物を摂取することで、眠りやすい状態にしてくれます。

1





sekidoxさん

このまとめに参加する