1. まとめトップ

現役慶大生が新2・3年生に薦める!!おススメ参考書(英語編)

大学受験において参考書選びは結構重要であると思うが、そこでどれを選べばいいかわからないという人に以下の参考書をお薦めしたい。

更新日: 2013年02月10日

86 お気に入り 56457 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

natuiroさん

始めに

載せている目安の偏差値は河合、代ゼミの偏差値です。駿台ならこれより低め、進研模試なら高めと考えてください。ただあくまで私の感覚での目安なので、できると思ったら使ってみてください。

基礎編(偏差値50ぐらい)

これをやれば大体の構文はつかめるようになります。何回も繰り返す価値のある良書です。

とりあえず速読英単語(速単)で英語を読む基礎体力を作りましょう。二年生は二日に一つの文章のペースで三年生は一日一つのペースで行くのがおススメです。後ろについてる冊子を読めば英文を読んでいて疑問が出てきても自分で解決できるようにできています。

文法の定番のUPGRADEとNextStage。難易度はそんなに変わらないがUPGRADE>NextStageと言う感じだろうか。わからない所は「Forest」などの文法書で補完してつぶしていきましょう。

速単自体、結構好き嫌いが分かれると思うが賛否両論の速単英熟語。私は使いやすかった。やはり英熟語は文章の中で覚えるのが一番かと・・・。

応用編(偏差値57ぐらいから)

基礎レベルの単語帳を終えたら単語王、DUO、速単上級編のどれかに進みましょう。私は速単信者(笑)なので速単を薦めますが、他の二つでもいいと思います。単語王:とりあえずやっとくと安心。DUO:熟語とか復習できてお得。速単上級編:多読にもなるし大事な所は抑えている。

英頻1000ですね。これも定番。5~7週したら大抵の文法問題は解けるようになります。

正誤問題が出る大学を受ける場合は一冊潰しておきましょう。別にどれでもいいです。私はこれを使いました。

これはいいですよ!これで調べたらたいていの疑問は解消します。少し値段は高いですが買って損はないです。「Forest」の強化版ですね。
後述する「偏差値65~」に入れるが迷いましたがこっちのカテゴリに入れました。

多読!編

ぶっちゃけ多読は自分のレベルより少し高いぐらいがいいので、その人のレベル次第です。私は上のを使いました。あとは赤本で一回説いた問題の英文ですね。コピーしてやりまくりましょう。

偏差値65~の人用参教書(ぶっちゃけここの本を一番お薦めしたい)

1 2