1. まとめトップ
  2. 雑学

銀行の窓口ってなんで3時までしか開いてないの?

多くの人が疑問に思ったことがあるだろう窓口の閉店時間の謎を始めとして、「時間外手数料って何?」「何で金行じゃないの?」など、銀行にまつわる色々な疑問について調べてみました。

更新日: 2013年02月07日

309 お気に入り 298180 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

3piecesさん

◇窓口が3時で閉まる謎

銀行法施行規則で「銀行の営業時間は、午前九時から午後三時までとする」としているのが、3時閉店の根拠の1つ

ちなみに、営業時間を延長したち変更することも可能なんだそう。

3時に支店を閉めたあと、現金を抜いて集め、金庫に入れる、という流れ

「1円でも合わないと帰れない」これはあながちウソではないようです。

お金の勘定が合って、さあよかった今日は終わり・・・・・と思いきや、今度は支店内勉強会

最近は保険の販売などもあり、さらに大変らしいです。

◇ATMの時間外手数料はなぜあるの?

先行した金融機関に各行とも追随し、さみだれ式に波及した

ほとんどの銀行が同じ手数料を取るのは、独占禁止法違反の疑いすらあるとするジャーナリストもいます。

ATMの1台のコストは5~800万円程度かかります。さらに年間維持費には1000万円程度

サーバーの管理費用や、盗難防止の警備費用など、ランニングコストだけでもかなりの額になります。そのため……

ATM単体で考えると、105円や210円の手数料では完全に"赤字"

しかし、最近は大手銀行を中心に手数料無料化の流れができてきています。

◇なんで「金行」じゃないの?

「銀行」という言葉はもともと中国で使われていたという説もあります。「金行」でないのは、その当時、銀貨のほうが多く流通していたから

下にある通り、「行」に関してはまず間違いないのですが、「銀」の由来については諸説あるようです。ちなみに「銀座」というのは銀貨の鋳造所なんだそう。

「行」という文字は中国語で「店」という意味があり、この文字をくっつけようとした

この「Bank」という言葉を訳すのに、福沢諭吉などを中心にかなりの議論が重ねられたそうです。

案としては当然「金行」もあり、その他にも、「金舗」、「金司」などの案もあった

理由の一つとして、「キンコウ」は少し発音しづらいということもあったようです。

◇地方銀行の意味って?

「地方銀行」と「第二地方銀行(第二地銀)」に分類されます。全国地方銀行協会に加盟する銀行が「地方銀行」、第二地方銀行協会の会員銀行が「第二地方銀行」

例えば全国地方銀行協会では、全国の銀行のキャッシュサービスを接続するネットワークを提供しています。

支店やATMについても、地域内では設置数が一番ということも往々にしてあります。しかし地方銀行の場合、多額の融資などに対応していない場合も

都市銀行や地方銀行どちらかに頼るのではなく、二つを並行して使い分けるのがベストなようです。

大手の銀行とは違い、自分の意見が反映されやすく、風通しが良い

働く側としてのモチベーションも強いようです。

1





このまとめへのコメント2

  • この投稿は現在表示することができません。

  • この投稿は現在表示することができません。

1