1. まとめトップ

ペニオク詐欺騒動で警察がほしのあきの立件を見送る方針

大きな問題となっている芸能人によるペニーオークションのブログへの嘘の書き込み騒動。中でも最初に名前が挙がり警察から事情聴取を受けるなど注目されていた、タレントのほしのあきさんの立件を警察が見送るとの報道。刑事的には罪は問われないことになりそうです。

更新日: 2013年02月08日

0 お気に入り 4338 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

monet333さん

見出しを入力ほしのあきが、松金ようこに30万で依頼されブログにペニーオークションの嘘の落札記事を投稿

タレントのほしのあきさんやグラビアアイドルの松金ようこさんら芸能人10人以上が、虚偽の落札情報を自分のブログに書き込んでいた

大きな問題となっています

サイトで格安の空気清浄機を落札したなどとする虚偽の記事をブログに掲載していたタレントのほしのあきさん

このペニオク騒動で警察はほしのさんの立件を見送る方針

京都、大阪両両府警がほしのさんらの立件を見送る方針を固めたことが7日、捜査関係者への取材で分かった

捜査関係者によると、両府警は、ほしのさんと、ほしのさんに嘘の書き込みを依頼したとされるグラビアモデルの松金ようこさん(30)を任意で事情聴取

ペニーオークションサイトは、高値を自動で更新するプログラムが組み込まれるなどして、実際には落札できない仕組み

しかし、ほしのさんらがこうした事実を知らなかったことなどから、詐欺容疑などには当たらないと判断

騒動についてほしのさんはブログで2度の謝罪

ほしのは2012年12月13日付のブログで「友人の依頼を受けてオークションサイトを紹介する内容の記事を掲載した」と説明

ブログでは謝罪をしているほしのさん

2013年1月8日にも約1カ月ぶりにオフィシャルブログを更新し、「ペニーオークション騒動」を改めて謝罪

「昨年はファンの皆様や、ブログを見ていただいている多くの方に大変ご迷惑をおかけしてしまい、申し訳ございませんでした。心から反省しています」と謝罪

「今後は気を引き締めて、良識ある言動をしていくように努めていきますのでどうぞよろしくお願い致します」と締めくくった

芸能活動では厳しい状況になっているほしのさん

「ペニオク詐欺」で芸能界追放の危機にさらされているほしの

すでに番組のHPからほしのさんの名前は削除

ほしのが出演していた唯一の“レギュラー番組”『たかじん胸いっぱい』のレギュラーも失うことになりそう

「事務所の制裁だけでなく、イメージの悪化で仕事が激減するのも確実。復帰しても以前のようなポジションには戻れないでしょう」(芸能プロ関係者)

刑事事件では立件されないものの、今後、民事で訴えられる可能性は残る

「民法では複数の人間の手によって損害が発生する「共同不法行為」という規定があり、さらに大きな問題になれば損害賠償を求められることは考えられる」元東京地検検事の落合洋司弁護士

民事で裁判になる可能性は残ります

民事的には、幇助となれば被害者を被害を回復する義務が生じる可能性が出てきますのでさらに多額の賠償金が

ネットでの声

1 2