1. まとめトップ

【悲報】NHK教育「つくってあそぼ」終了のお知らせ わくわくさんは今年度いっぱいで卒業か・・・

悲報です。わくわくさんでおなじみのNHKの教育番組「つくってあそぼ」が今年度いっぱいで終了の模様。わくわくさんは卒業なのか・・・

更新日: 2013年02月13日

21 お気に入り 88673 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

curation.jpさん

衝撃のニュースが!

Twitterの投稿によると・・・

つくってあそぼがこの3月で番組終了なんだってさ。色々思う事があり過ぎて、思い出せばただただ涙目です。でも、とりあえず、わくわくさん、長い間お疲れ様でした。あっ、ゴロリもね。 pic.twitter.com/V9lz66eF

27,990件のリツイート 4,782お気に入り

【悲報】今年度いっぱいでNHK教育「つくってあそぼ」終了【わくわくさん引退】 pic.twitter.com/EvaSapSS

うそなんだよね・・・?そうだよね?

「前番組」になってる・・・

「ノージーのひらめき工房」ってなんだ・・・

NHKの人気子ども番組「つくってあそぼ」が3月に終了することが明らかになった。放送開始から23年の歴史に幕を下ろす。久保田さんは番組スタート時は29歳だったが現在は51歳。 久保田さんは「寂しいが、永遠に続くものなんてない。「ワクワクさん」を演じた事を本当に誇りに思う」と話した。

最終回はこうなってしまうということですか(涙)

↓後任はこちらの模様

この番組は、工作の結果ではなく、プロセスを大切にしています。
マニュアルに沿って、いかに上手く作るかではなく、材料の特性をいかに感じ取り、その上でいかに自分らしい作品を発想するか、そんなこどもたちの思考のプロセスに寄りそっていきます。

だそうです・・・

ちなみに「つくってあそぼ」の説明はこちら

子どもにとって造形は、『いのちの創造』です。そんな造形の魅力を「つくってあそぼ」は優れたエンターテインメントとして子どもたちに提示します。造形そのものの魅力に加えて、ワクワクさんとゴロリのユーモラスなやりとりも、この番組を一層楽しいものにしています。

Wikipediaでは

1990年4月4日に『ともだちいっぱい』のゾーンの一番組として放送開始され、1995年3月の同ゾーン廃止後もそのままの体制で継続し、現在に至る。
この番組は、かつて同局で放送されていた『できるかな』の後番組として「身近にあるもので工作をする」や「番組の出演者がその工作を使って遊ぶ」というコンセプトを引き継いでいる。

こうして改めて見ると、とにかくなんだか悲しいです。

こんな続報もあります↓

以下Twitterでの反応

1 2





このまとめへのコメント1

  • この投稿は現在表示することができません。

1