1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

昭和の終りに起きた「リクルート事件」ってどんな事件だったの?

リクルートの創業者で、政財官界に未公開株がばらまかれた「リクルート事件」で贈賄罪に問われた、同社元会長の江副浩正氏が東京都内の病院で死去しました。昭和の終りに起きた「リクルート事件」を簡単に振り返ります。

更新日: 2013年02月15日

187 お気に入り 261874 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

mii10さん

江副浩正氏が死去

1936年大阪府生まれ、東京大学教育学部卒業。

1960年に広告会社を創業。その後、リクルートに社名変更し、就職情報誌や情報通信分野のほか、バブル経済の波にも乗って子会社による金融業、リゾート開発にまで手を広げ、「ベンチャー起業家の草分け」とも呼ばれた。

リクルート事件では、有罪判決を受ける。

未公開株がばらまかれたリクルート事件

1988年(昭和63年)、リクルートにより関連会社リクルート・コスモス(現 コスモスイニシア)社未公開株が、中曽根康弘、竹下登、宮澤喜一、安倍晋太郎、渡辺美智雄など大物政治家や官僚・財界に、店頭公開前に譲渡していたことが相次いで発覚

リクルートの江副浩正会長(当時)は、急成長する自社に政治的・財界的に地位を高めようと、有力政治家・官僚・通信関連でNTTの3つをターゲットに未公開株をばら撒く

値上がり確実な未公開株を店頭公開前に譲渡することで実質の利益を供与するものであった

当時、一株3000円に対して初値5270円が付いた

リクルート事件で未公開株が譲渡された人物は約150名、株式はおよそ200万株に上った

当時、大きな社会問題に。

大物議員は逮捕されず「政治不信」だけが残る

リクルートの江副会長、NTTの真藤会長とその秘書らが逮捕

政治家は自民党の藤波孝生議員、公明党の池田克也議員が在宅起訴されただけ

核心の解明なしで終結、国民の間には、「政治不信」だけが残ることとなった

中曽根康弘が29000株、竹下登・宮沢喜一・渡辺美智雄・加藤紘一らが10000株前後の未公開株を譲渡されていたとされる。

1990年代前半の「政治改革」の契機となる

1989年(平成元年)6月3日、当時の竹下内閣が総辞職

その直前、竹下氏の秘書が不可解な自殺を遂げ話題を呼ぶ。竹下氏の辞任後は、宇野宗佑総理を経て、海部俊樹が総理に

事件以降「政治改革」が1990年代前半の最も重要な政治テーマとなり、小選挙区比例代表並立制を柱とする選挙制度改革・政党助成金制度・閣僚の資産公開の一親等の親族への拡大等が導入されることになった

今から20年以上前に起きた「リクルート事件」

リクルート事件とか江副さんとか、わからない人多いんだろうねえ

リクルート事件知らないフォロワーさんも居るんだろうね…時代だわ。

リクルート事件の江副氏が亡くなられたんだね。大きな社会問題となったよね。そうか。

【黙祷】江副さんお亡くなりになったのか。まだまだおわかいと思っていたのだが76歳だったとは。「リクルート事件の」という形容詞のみで語られていることが悲しい。

リクルート事件のころ、ニュースで精悍な江副氏を見ると、「なんという悪人顔なのだろう」などと10代のちーけん少年は思いこんでいたものだが、近影を見るとまったく好々爺としかいいようのない風貌でいらっしゃるのだった これも人生あれも人生

江副浩正が亡くなったことに少なからず驚くが、もう76歳であること、写真がいわゆる彼が注目の人物であったときと大幅に違うことに驚く。東京大学新聞広告を学生ベンチャーとしてたちあげリクルートの創業者になったのはいいが、例のリクルート事件で80年台後半からは人前にでていないはず

僕にとって、PHPといったらPHP研究所のイメージが先に来るように、リクルートといったらリクルート事件のイメージしか無いから、若い人たちに接すると隔世の感を覚えるものだった

リクルートの創業者、江副浩正さんがお亡くなりになった。もう76歳になられたんだね。リクルート事件というと、大疑獄事件として認知されているけれども、ご本人は賄賂なんていう意識はなかったようだ。

リクルート創業の江副氏亡くなったのか。口では「国家国民」とか言いながら出処進退では卑怯者だった大物政治家がいたのを思い出すリクルート事件。

僕はSoftBankが良いなんて思ってないし楽天もいいと思ってないがほとんど利権の外で金持ちに成ったのはそれはそれで評価すべきだと思う。リクルート事件は既得権に入り込もうとするインテリの悲しき末路。

リクルート事件が騒がれている頃、何が問題なんだか良く分からないけどマスコミが大騒ぎしてるなという感じだった。分からないのは私が難しい世界を知らないからかと思っていたけど、今思い返すと、マスコミが勝手に騒ぐ事件は胡散臭いし、分からないという感性が正しいのだろう。

1 2