1. まとめトップ

傷病手当金は、いつもらえるの?そして退職したらどうするのか。

傷病手当金の申請、いつ貰えるのか、退職したら保険についても悩むところですね。

更新日: 2013年02月09日

37 お気に入り 109425 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

4、傷病手当金の支払い

  実際に傷病手当金が支払われるのは、
  請求から、1、2ヵ月後先の話です。
  従いまして、約2、3ヶ月の間、
  完全に収入が途絶えます。

ご自身の健康保健証を見て保険者名称の箇所に書いてある電話番号に電話して聞くのが確実です。振込日や振込金額も教えてもらえると思います。

はっきりした事が、分からないのであれば、社会保険に電話して聞いたほうが早いです。
傷病手当は,1年半貰えます。毎月先生に証明を書いてもらいます

連続して4日の欠勤かつ会社から給与が出ないことが前提ですから
有給を使ってはダメです。
あくまで会社から病気が原因で無報酬状態が4日以上続いたら支給ということをお忘れなく。


また傷病手当金を受給している間の健康保険は
任意継続か国民健康保険になります。

国民健康保険は市役所に行きますと源泉徴収票などで概算保険料を出してくれます。

また任意継続の保険料は今の倍になります。(会社が半分払っていた為)

退職後の傷病手当金の延長給付について

退職後も継続してもらうには退職時点でもらっている、またはもらう資格があることが大前提です。
退職日に出勤すると、会社を休んでいないことになりますからこの日の傷病手当金はもらえず退職後ももらえないということになります。

退職後は国保でも任意継続でもかまいません。
しかし日額が3112円(130万円÷12カ月÷30日)以上の場合は扶養になれません。

国保の保険料は前年の年収に対してかかり、自治体ごとに計算方法が異なっていますから
区役所にご確認ください。任意継続とどちらか安いほうを選択します。

なお傷病手当金は最初にもらい始めてから1年半、病気のためにお仕事ができない状態が続けばそれまでもらうことができます。

雇用保険は傷病手当金をもらっている間は求職活動ができませんので、延長申請しておくといいでしょう。

被保険者資格を喪失する前日までに、継続して1年以上被保険者期間があることが必要です。

つまり、退職前に健康保険に継続して1年以上の加入期間があるということです。

通常、会社に1年以上在籍していれば問題ありません。

ただし、任意継続被保険者期間は除かれますので、任意継続での加入の場合は対象外となります。


現に傷病手当金を受けていること
現に傷病手当金を受けてはいないが受ける要件を満たしていること

傷病手当受給中の退職-国民健康保険/任意継続被保険者/主人の扶養-ベストな健保は?


健康保険の扶養については法律等で全国統一のはっきりした決まりがあるということではないということです。
各健保組合では独自に規定を決めることが出来るということです、もちろん厚生労働省のガイドラインがあってそれから大きく逸脱することは許されませんが、許容範囲の中ではかなり違っていることもありうるのです。
ですから究極的には健保に聞かなければ正確なことはわからないということです。


健保が協会健保か組合健保かと言うことが問題です。
そして組合健保の場合は扶養の規定が協会健保に準拠しているかどうかが問題です。

協会健保に準拠している組合健保の場合

「今後向こう1年間の収入が130万円を超える見込み」であるかどうかが問題になります。
健康保険の傷病手当金の場合130万÷(12ヶ月×30日)=3611円と計算して日額がこの金額以内であれば扶養となり、これを超えると扶養になれません。
また3611円を超えてしまって扶養になれない場合はその期間ですが、傷病手当金をもらい始めてからもらい終える日までです。

扶養の規定が協会健保に準拠していなくて全く独自の規定である組合健保の場合

1.日額に関係なく扶養になれる
2.1円でももらえば扶養にはなれない

また

イ.その年の退職日までの収入が130万を超えるか
ロ.前年の収入が130万を超えるか
ハ.被保険者(夫)の前年の年収を(被保険者(夫)+被扶養者)で割った金額を超えるか

などと言う規定の健保組合もありました、あるいはそれ以外の規定のある健保組合かもしれません。

無保険の状態でなければ、傷病手当金は受け取れます。
つまり、在職中の健康保険を任意継続されても構いませんし、
国民健康保険に加入されても良いし、
扶養に入っても構いません。

問い合わせ先としては、健康保険組合になります。

1