課業に集中できなかったり、話題と外れてしまうことがある。興味のあること以外のことをやりたがらない。
飽きっぽい。
クラスを乱す行動をとる。
繰り返しや暗誦することに、非常な抵抗感を示す。
課題をさっさとこなすが、やり方が雑である。
やり過ぎて、自分を消耗させてしまう。
批判をうまく受け止められない。
グループ協同作業がうまくできない。
権威のある人に批判的な態度をとる。
自己、他者に対して批判的である。また完璧主義である。
議論の中で、自分の主張を通そうとする。
クラスの道化師になったり、ジョークに対して大げさに反応する。
クラスの中で何でも知っている物知り屋として見られる。
周りに対してボス的な態度をとる。

このような行動の背後には、学習内容が本人の能力や興味とかけはなれているため、課題に集中できなかったり、周囲の誤解や批判を得るような反社会的な行動をとることが考えられる。またギフテッドの思考パターンや、感性の豊かさ、完璧主義傾向などにより、周りの行動と適応しながら学習を進めていくことが難しい場合がある。以上のような行動が積み重なると、学業成績に支障が出たり、集団から孤立することも考えられる。あるいは、周囲に同化しようとするあまり、意図的に能力以下の成績を修めようとする傾向がみられることが指摘されている。結果としてこれらの要因が気分的うつやストレスを生み出すと言われている。

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

日本ではあまり理解されてない「ギフテッド」「IQが高い子供」「高知能児」

欧米では認識も高まりギフテッドを誇りに思う子も多いけれども、人と同じことが要求され「協調性」「コミュニケーション能力」が非常に重視される日本では「違う」「独特」「変わっている」ギフテッドの認識が遅れているます。そんな「ギフテッド」「IQが高い子供」について理解できるようまとめてみました。

このまとめを見る