マルゲリータちゃんは、4才で字が読めるようになった。6歳のアモス君は、恐竜の名前を全て記憶しているだけでなく、惑星間の距離も知っている。この2人は、いわゆる「ギフテッド・チャイルド(Gifted child)」と呼ばれる子どもたちだ。IQ(知能指数)は125〜130あり、好奇心が旺盛で話し方が他の子と違う。驚くほどの記憶力を持ち、同年齢の児童と比べると、彼らの理解力はまるで大人のようだ。

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

日本ではあまり理解されてない「ギフテッド」「IQが高い子供」「高知能児」

欧米では認識も高まりギフテッドを誇りに思う子も多いけれども、人と同じことが要求され「協調性」「コミュニケーション能力」が非常に重視される日本では「違う」「独特」「変わっている」ギフテッドの認識が遅れているます。そんな「ギフテッド」「IQが高い子供」について理解できるようまとめてみました。

このまとめを見る