1. まとめトップ

やり方

蓮村先生のTwitter(@fundocq)
「乾燥を防ぐために熱処理をした白ごま油でうがいと点鼻をします。大匙1杯の白ごま油を口に含み、まず上を向いてガラガラと30秒ほど行い、その後油でクチュクチュと30秒行い、ティシュに吐き出して捨てます。うがいの後は水などでゆすがずそのままです。」

やってみた感想は?

ガンドゥーシャは教わってからずっと続けていますが、太白ごま油は、匂いも味もほとんどなく、口に含んだときに、わずかにほんのりとごま油の香り(味)がする程度で、くちゅくちゅやっているうちに、唾液でも薄まりますし、私の場合はまったく気になりません。

白ごま油、うがいもできて花粉症やインフル予防にもなるらしい。

インフル流行ってるし、ガンドゥーシャ(ごま油うがい)用に、追加キュアリング。うがいは、5〜10分、朝夕するのが理想。終わると意外にもすっきりするのが不思議。効果はたくさんあるけど、髪とか肌とか、特に首から上にツヤ効果があるんだとか。 pic.twitter.com/Gxf3r7SZ

nomadasia.net 風邪の鎮静方法①寒気や関節痛の場合 ごま油のうがいもいいです。(太白ごま油など、焙煎されていない油)塩をまぜた体温ぐらいのお湯(塩は3%の生理食塩水にします)でのうがいもOKです。ショウガのしぼり汁も加えて。

1