とある大学の教授の部屋を若い女子学生が訪れた。
「先生・・御願いです。今度の試験でどうか私を合格させてください」
「その為なら・・私・・なんでもします・・」
女子学生は教授の前に跪き、長い髪をなで上げながら、彼の瞳を色っぽく見つめた。
教授も彼女の瞳を見つめる。
『何でも・・するのかい?』
「えぇ・・します・・」
彼女の耳元にそっと教授は囁いた。

『それじゃ・・・してくれるかな・・・勉強を』

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

「面白い話をしてくれ」と言われたら、 これをネタに話しましょう【すべらない話】

{うまい}{面白い}{感動}な話を載せていきます。上司や友達,彼女からの「なにか面白い話ない?」の時のために「面白い話」のネタになるものがあればどうぞネタに。ほぼ毎日更新していくのでお気に入り登録して下さればいつでもネタ確認を!!2400万人が話のネタを得ました。(8/20 19:00現在)

このまとめを見る