1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

androidiosさん

そもそもBS放送とCS放送って?

BSは「放送衛星(Broadcast Satellite)」
CSは「通信衛星(Communication Satellite)」
その英語の頭文字をとって「BS」「CS」と呼ばれています。

元々は、放送目的のBSと、通信放送目的のCSであった。

2009年2月に総務省はBS放送と東経110度CSデジタル放送を制度上「特別衛星放送」として統合

今ではBSもCSも放送衛星とも言えるが、過去の分類名が残っている。

BS、CS放送を受信するには、パラボラアンテナと、チューナーが必要

昔は、BSとCSでは衛星の位置が違っていたので、それぞれ個別に用意しなくてはなりませんでしたが、現在はどちらも同じパラボラアンテナで受信する事ができます。

最近のテレビ、DVD/ブルーレイレコーダーは、BSデジタルもCSデジタルも受信できるチューナーが付いているので、BSが受信できれば、CSも受信できます。

アナログ?デジタル?

BSアナログ放送は地上波アナログ放送とともに2011年7月24日に終了した

BS放送について

BSの民放各社の放送は基本的に無料です。

お金がかかるのは、
受信契約が必要なNHK
およびWOWOWやスターチャンネルです。

WOWOWとスターチャンネルはCS放送でも放送しています。

CS放送について

CS放送を見るためには、
アンテナとチューナーだけでは見ることができません。

スカイパーまたは
CATV(各地域のケーブルTV)との契約が必要です。

CSは基本的に有料ですが、たまに無料放送日があります。

1