1. まとめトップ

ポール・ルイス×ヒュー・ウルフN響

2013.2.10NHKホール人民席

更新日: 2013年02月11日

0 お気に入り 2589 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

doyoubiさん

ベートーヴェン/ピアノ協奏曲第5番「皇帝」
 Pf:ポール・ルイス
トマス・アデス/歌劇「パウダー・ハー・フェイス」から「ダンス」(日本初演)
プロコフィエフ/「ロメオとジュリエット」組曲より
 モンタギュー家とキャピュレット家~少女ジュリエット~メヌエット~仮面~ロメオとジュリエット~タイボルトの死~修道士ロレンス~ジュリエットの墓の前のロメオ

指揮はN響初登場のヒュー・ウルフ。
日本では今まで、やたらといろんなオケで名前を見たり聴いたりしたけれど、ワシントンDCでロストロポーヴィチの副指揮者を務め、アメリカの室内管とドイツの放送響(フランクフルト)でシェフを歴任したという経歴のとおり、基本的にどのような音楽的バックグラウンドにもソツなく対応出来る人で、ドイツ古典派、現代音楽(劇場系)、ロシア物を並べた今回のN響客演も、過剰な思い入れもない代わりにすべてのバランスが良好という、いかにもN響と相性の良さそうな、間然するところのない仕上がりだった。

1曲目はルイスによるベートーヴェンのピアノ協奏曲第5番「皇帝」。プログラムによるとプロムスでベートーヴェンのピアノ協奏曲全曲を演奏したというポール・ルイスのピアノは十八番という言葉どおりの、堂々たる演奏でした。クリアで力強い打鍵で、音に曇りがありません。今日の青空のように、明快で見通しの良い演奏です。聴いていて、音がダイレクトに胸に響き、痺れます。この曲は体の一部とでも言わんばかりの慣れた演奏ぶり。オーケストラも熱演で、ピアノ独奏としっかりかみ合っていました。重層的でうねりのある演奏で、「皇帝」の王道を行くとでも言わんばかりです

ポール・ルイス & N響《皇帝》聴き終わって余韻に浸る。こんなに素晴らしい演奏を聴けたことに感謝したい。ベートーヴェンはこんなにも美しいかったか…。とても自然な旋律の移動 、見事なポリフォニー、くっきりと鮮やかな粒立ちに、さらに深みのある柔らかさも加わって忘れ難い感銘を受けた。

そんなわけで、ウルフとN響の演奏にはまったく期待しないで出かけて来たが、どうしてどうして、、ピアノのポール・ルイスやN響の好演もあり楽しめまた。悪い印象のままにならないで良かったが、ちょっと几帳面すぎる印象も・・

安定感のある演奏。テナー・サクソフォンは 須川展也さんでした。 RT @______afterlife: 第1748回 N響定期公演 Aプロ / ピアノ: ポール・ルイス / 指揮: ヒュー・ウルフ

ポール・ルイス、ヒュー・ウルフ指揮N響@NHK holl 。ベートーヴェンP.con 5。ピアノは、ピンと背筋が伸びるような正統派。テクニックのある人が端整に語るように弾くと本当に感動。オケはヴィヴラート控え目でスッキリとした歯切れの良い演奏。こういう演奏は好きだね。

N響&ヒュー・ウルフ ベートーヴェンP協奏曲第5番Pポール・ルイス 何と言っても2楽章の甘く美しかったこと!ラフマニノフのようなベートーヴェン。1、3楽章はメリハリを効かせた気持ち良い緩急。N響もとても良く付けていた。ピアノと指揮のベクトルがピタリと一致した良い演奏でした。

N響後半、アデスの歌劇「パウダー・ハー・フェイス」から「ダンス」、遊びというか雰囲気があって意外と楽しかったです。ロミジュリはサクサクそつの無い演奏で、バレエのマクミラン版の世界観がスタンダードな自分にとっては、ケレン、色気、重厚さ、グロテスクさ等々が不足気味でちと物足りず。

ゆらゆらと揺れる若者渋谷春 #jhaiku 「おらおら、のたりのたりと歩くんじゃねえよ」ぶつぶつ思いながら前期高齢者一歩手前は若者の波を縫うようにさっさと渋谷駅に歩いたのであった。ウルフN響ロミジュリよかった明晰上品、ピッコロ(菅原さんにあらず)ロングトーンでエンディング。

@doyoubi 渋谷はいつ行っても混んでますね〜。演奏会の後、センター街を通って駅に着くまでに余韻は冷めて…(笑) 帰宅するとホッとします(^^)♪ ピッコロを吹いていたのはエキストラの方です。まだ若い方で。あの最後の伸ばし、恐いんだそうです♪

@SS88piano 最後のロングトーン、吹く前からかなり緊張されていたように見えました。もう少し思い切り吹かれてもよかったような気もしますが、どうなんでしょうか。ともかくも「ジュリエットの墓の前のロメオ」、これで完璧に記憶に残りました。いい曲です。

@doyoubi あのピッコロの伸ばし、ピアニッシモなんですよ。あれがフォルテだったら恐くないんでしょうが、ピッコロでピアニッシモを吹くのはかなり難しいそうで…(^^) 昨日、私も聴きに行ったのですがホントにドキドキしました(≧∇≦)ロミジュリは私も大好きです♡

ポール・ルイス×ヒュー・ウルフN響 -NAVER まとめ matome.naver.jp/odai/213605221… 軽やかでロマンチックな皇帝(2楽章~3楽章でウトウト、勘どころを聴き逃したではないか)、遊び心に溢れた日本初演現代曲、知的明晰清潔なロミジュリ。パーヴォが待ち遠しいN響だった。

1