1. まとめトップ

ソーセージ/ウィンナーの種類まとめ

ドイツやフランス、イタリア等を発祥とした、ちょっと変わり種のソーセージ/ウィンナーを集めてみました。なおウィンナーとソーセージの違いは、(日本では)腸の種類や太さで決められているようです。通販で買える証拠を示すためにそれぞれ通販サイトの一例を挙げています。

更新日: 2015年01月04日

26 お気に入り 14804 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

smile_sanさん

イギリスではブラックプディング、ドイツではブルートヴルスト、フランスではブーダン・ノワールと呼ばれる。これ以外にも様々な地域で生産されている。

赤身肉で作ったソーセージと比べると色が黒ずみ、血の風味が独特の強い癖として感じられるが、家畜を無駄なく利用する食品として、ヨーロッパや東アジアの牧畜の盛んな地域で古くから作られてきた。

参考通販サイト:
http://item.rakuten.co.jp/lecker/548871

ドイツ・バイエルン州の伝統的なソーセージで、よく挽いた仔牛肉、新鮮な豚肉のベーコンから作る。

風味づけにパセリ、レモン、ナツメグ、タマネギ、ショウガ、カルダモンがさまざまなバリエーションで使用される。それらを混ぜ合わせて新鮮で清潔な豚のケーシングに詰め、それぞれ長さ10~12センチ、太さ約2センチのソーセージに形づくられる。

柔らかでジューシーなのにさっぱりとした味わいが特徴。

参考通販サイト:
http://www.atsugiham.jp/item/W-5/

ドイツではポピュラーなロングソーセージ。ウィンナーに似ているが少し太い。ボックとは本来山羊を意味するが、名前の由来は、ボックタイプのビールと一緒に食べ、胃に流し込むためとの事。

参考通販サイト:
http://www.dining-plus.com/shop/g/gR-5038/

ブーダン・ノワールを黒ブーダン、ブーダンブランを白ブーダンと言われることもある。

ブーダン・ブランは、豚、子牛、鶏などの白身の肉に牛乳や生クリーム、卵などを加えたソーセージ。まろやかな味わいが特徴。

参考通販サイト:
http://item.rakuten.co.jp/auc-charcuteriekoide/5009/#5009

豚の直腸に豚の腸や胃、喉肉、バラ肉などを詰めたフランスの伝統的なソーセージ。

大腸に詰めた太いものが アンドゥイユ 、小腸に詰めた細いものはアンドゥイエットと呼ばれる。また、豚の腸以外に牛や仔牛の腸も使われる。

腸に詰めるものや使う香辛料、出来上がったものを燻煙するかしないかなど、地方によってさまざまな作り方があり、それらを使って仕立てた料理にも、リヨン風、シャブリ風、トゥーレーヌ風と、その土地の特色を主張するという、いかにもフランスらしい食べ物である。

参考通販サイト:
http://elezo.shop-pro.jp/?pid=33182401

トゥールーズはフランス南西部に位置する都市の名前。
粗めに挽いた豚のひき肉と、塩、コショウ等の各種スパイスでシンプルに味付けした生ソーセージである。

参考通販サイト:
http://item.rakuten.co.jp/otokonodaidokoro/ha-ky-81-123/

細かく刻んだ豚肉に塩を混ぜ、ニンニクやパプリカなどの香辛料を加えて腸に詰め、干して作る。パプリカをたっぷり使うため、赤い色をしていることが多い。また、辛さに応じてピカンテまたはドゥルセに分類される。多くの場合は豚肉が用いられるが、ごく一部に牛肉・鶏肉・羊肉で作られたものもある。

参考通販サイト:
http://item.rakuten.co.jp/sunrisefarm/20030/

イタリア語でソーセージの意味であるが、一般的なソーセージが腸詰めしたものに対して湯煮や燻煙などの燻製処理を行い保存食にするのに対し、サルシッチャは非加熱のまま保存する。

日本で買う場合は冷凍で輸送され、加熱調理して食べる。

参考通販サイト:
http://item.rakuten.co.jp/otokonodaidokoro/hs-kz-81-018/

サイไส้が腸、クロークกรอกが詰めるという意味のタイ語。イサーンอีสานというのはタイの東北地方を指す地名。

豚の腸詰めに、豚肉ともち米をまぜて詰めることで米が自然発酵し、独特の酸味を持つようになる。

参考通販サイト:
http://thaimart.jp/?pid=34550175

パプリカ、唐辛子などのスパイスを加え、ピリ辛にしたポルトガル風のソーセージ。ポルトガルからの移民がハワイに伝え広められている。日本では沖縄県で日常的に食されており、ポーチュギーズ(Portuguese)ソーセージを「ポチギ」と略されてスーパーに売られている。

参考通販サイト:
http://item.rakuten.co.jp/nuchigusui-2009/c/0000000269/

その名の通り牛肉を使ったソーセージで、アメリカのスーパーや豚肉が食べられないイスラム圏で広く食べられている。

その名の通り、ビーフ特有の味わいと歯ごたえが特徴。

参考通販サイト:
http://item.rakuten.co.jp/themeatguy/10004330/

フランス/ドイツ移民から伝わり、ルイジアナ州南部で有名なソーセージ。

豚肉がメインであるが、様々なバリエーションがある。
取り扱う企業によって色々な味があり、ローストピーマンやキノコのような独自のスパイスのブレンド、ハーブ、野菜などを取り入れたりするものや、チーズを追加したりするものがある。

参考通販サイト:
http://item.rakuten.co.jp/themeatguy/10004984/

ポーランドのクラカウ地方を発祥とし、ポーランドやドイツで作られているソーセージ。

粗挽きの豚赤肉及び細挽きの牛肉に黒こしょう及びにんにくを加え牛腸に詰め、くん煙、ボイルしたものである。日本ではセミドライソーセージの商品名に転用されている。

参考通販サイト:
http://www.raymon.co.jp/product/sausage/crako/

粗目に挽いた豚肉に、塩、醤油、砂糖、酒、花椒で味付けし、豚の腸に詰め、自然乾燥させたソーセージ。
砂糖が利いており、やや甘目の味付けとなっている。

参考通販サイト:
http://item.rakuten.co.jp/takarazima/781766/

出典ameblo.jp

豚の腸に、豚の血液、餅米、刻んだ香味野菜、唐麺(デンプンで作った麺。チャプチェの麺などに使われる)などを入れた後、蒸して作るソーセージ。

参考通販サイト:
http://www.amazon.co.jp/%E3%82%B6%E3%83%B3%E3%83%81%E3%83%A5%E3%83%B3%E3%83%89%E3%83%B3-%E3%82%B9%E3%83%B3%E3%83%87-250g/dp/B004Q52O22

1