出典 winedine.exblog.jp

ブラックプディング/ブルートヴルスト/ブーダン・ノワール(豚の血の腸詰めソーセージ)

イギリスではブラックプディング、ドイツではブルートヴルスト、フランスではブーダン・ノワールと呼ばれる。これ以外にも様々な地域で生産されている。

赤身肉で作ったソーセージと比べると色が黒ずみ、血の風味が独特の強い癖として感じられるが、家畜を無駄なく利用する食品として、ヨーロッパや東アジアの牧畜の盛んな地域で古くから作られてきた。

参考通販サイト:
http://item.rakuten.co.jp/lecker/548871

この情報が含まれているまとめはこちら

ソーセージ/ウィンナーの種類まとめ

ドイツやフランス、イタリア等を発祥とした、ちょっと変わり種のソーセージ/ウィンナーを集めてみました。なおウィンナーとソーセージの違いは、(日本では)腸の種類や太さで決められているようです。通販で買える証拠を示すためにそれぞれ通販サイトの一例を挙げています。

このまとめを見る