1. まとめトップ

《リリコ42歳》映画コメンテーターのLiLiCoの人生を簡単にまとめてみた 本名:篠﨑アンソフィー

LiLiCo(リリコ、1970年11月16日 - )は、日本のタレント、歌手、映画コメンテーター。所属事務所はプランチャイム。旧芸名はLILIKO(リリコ)。スウェーデンのストックホルム出身。本名 篠﨑アンソフィー

更新日: 2013年02月11日

10 お気に入り 77907 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

-聖少女-さん

ウィキペディア掲載の情報

父親がスウェーデン人(スウェーデン貴族の血を引く外国人)で母親が日本人のハーフ。

18歳の時に来日。母親の故郷で祖母が住んでいた東京都葛飾区に移住し、弁当屋でアルバイトをしていた。

26歳までの5年間、車でのホームレス生活をしていた

21歳でマネージャーともう一人の歌手と独立。しかしその歌手が金を持ち出して逃亡、その後差し押さえにあい、26歳までの5年間、車でのホームレス生活をしていた。この間、Vシネマや『ロバの耳そうじ』などにセクシー路線で出演。2010年12月、ホームレス時代など自身の経験をもとにした自伝小説『ザリガニとひまわり』を出版した。

弟は6ヶ国語を話せる経営学博士で、スウェーデンの大学教授をしている。

※2chねるでのコピペ情報

①リリコの母親の弟がヒッピーで世界中を旅してたらしい(60年代後半)
②で、帰国後「スウェーデンが良かった」と姉に話す
③姉(リリコ母)、それを聞いてすかさずスウェーデンへ旅立つ
④スウェーデンの公園で野宿してたら現地の男にナンパされる
⑤その男こそがリリコの父親になる人物で
⑥ジョンレノンに憧れてたから日本の女をナンパした(オノヨーコの影響)
⑦そしてデキ婚
⑧でもリリコが幼いころ両親はすでに別居してたらしい
⑨スウェーデンの高校を卒業後、歌手になりたくて日本へやってくる
⑩都内の母方の祖母の家に転がり込む 
⑪でもすぐに祖母の家を離れ、
⑫自分の音楽活動を支援してくれるマネジャーという人物と車内で共同生活
⑬しばらくして、金のために中川翔子母が経営するショーパブで働きだす
⑭マネジャーの男と別れる
⑮それ以降はヌードグラビアとかするようになる
⑯レストランで働いてる一般男性と結婚
⑰直後に王様のブランチ出演依頼の話が転がり込んでくる
⑱夫とすれ違うようになり離婚

※補足情報

ロバの耳掃除

つーか昔、ロバの耳掃除っていう深夜のエロ番組で
モルモッツだかエロ実験の実験台になる女の子達の一人で
「ぐるぐる回ると体が柔らかくなる実験とかいって
超ミニスカで台の上で前屈して、カメラが後ろの下の方から撮って
パンチラどころかパンモロしたりしてたじゃん>リリコ
もともとそういうエロ仕事してた。

ジャガー痩せたなぁと思ったのは俺だけじゃないはず

スウェーデン出身のタレント・映画コメンテーターLiLiCoさん(42)が「中居正広のキンスマスペシャル」で壮絶な人生を告白

「生きるためにどんなこともやってきました」

バックパッカーの母(日本人)と薬の研究者の父(スウェーデン人)との間に生まれたLiLiCo。

お風呂は深夜のガソリンスタンドに忍び込み水道のホースで洗髪、まともな食事も食べれず高速のSAで無料のお茶をがぶ飲みしたり運が良ければ他人が残した食べ物を拝借、メイクは油性ペンというまさに極貧生活。

マネージャー守の売り込みの成果で、1年後LiLICOは映画「幻想のパリ」の主題歌「過ぎてしまえば」でCDデビューするも全く売れず。

1995年にはVシネマでヌードを披露

いつのまにか…歌手を夢見ていたはずが昼はセクシータレント、夜は六本木のショーパブで働く日々。

スウェーデン人の父は「こんな体の弱い子は俺の子じゃない」と言って家を出て行ってしまい両親は離婚

ヒステリックな性格の母はLiLiCoが9歳のとき弟を出産。だが弟は重度の喘息とアレルギーだったため「3歳まで生きられるか?」と医師に宣告される。

スウェーデン人の父は「こんな体の弱い子は俺の子じゃない」と言って家を出て行ってしまい両親は離婚。

父とは再会し和解。

弟も現在は大学教授になっているという。

スウェーデンに一人で住んでいるせいもあって精神不安定な母から毎日何通も
「死にたい」
「今から死にます」
「やっぱりあんたのことは覚えていません。産んだ覚えもないので」と繰り返しメール。
2012年3月母は入院していた施設で感染症にかかり他界

魔女たちの22時【ハーフに生まれ芸能界入りを目指したら激太りで 体重70キロ!ホームレス生活を5年も続けた 芸能人魔女】のLiLiCo(39歳)が登場

公園の水道の水で体を洗い、飢えをしのぎ、夜は、スナックやカラオケバーを回って歌わせてもらう仕事をして、何とか生活していました

自宅もなく事務所で寝泊りしていたLiLiCoさんは、事務所のマネージャーから、たった1つ残った営業車をもらい、車の中で、5年間も生活をするはめになりました。公園の水道の水で体を洗い、飢えをしのぎ、夜は、スナックやカラオケバーを回って歌わせてもらう仕事をして、何とか生活していました。

家はなかったけど、夢があった―――

歌手になることを夢見てスウェーデンから来た、いじめられっ子のリリコ。
所持金が43円になっても、セミが口に飛び込んでも、死体役でつかまっても、
「ここであきらめることだけはイヤだ!!」

いまやTBS「王様のブランチ」映画コーナーの顔であり、ジョニー・デップやブラッド・ピットなどハリウッドスターの取材やイベントになくてはならない存在のLiLiCo。そんな彼女がスウェーデンから日本に来て22年。その間の年月は、あの笑顔からは想像もできない苦労と不運の連続。

スウェーデン人と日本人のハーフで、映画コメンテーターのLiLiCoが、故郷スウェーデンのことから、観光スポット、カルチャー、ライフスタイル、料理まで一挙に紹介。
スローライフを楽しみたい人、北欧気分を味わいたい人、癒しを求める人、必見!

今、J-WAVEでLiLiCoさんが先日のブリリア ショートショート シアターでのバレンタイントークイベントのことを話してる♪

LiLiCo姐さんは飛ぶ撮りを落とす勢いで焼いて食べるという噂があるけれど、栗原類は食べようとしても食べられないらしいw #jwave

ゲストはLiLiCoさん!飛ぶ鳥を落とす勢いで焼いて食べてるという噂の!←ツボった!w #jwave

1 2