猫の首輪に付けられていた記憶媒体から遠隔操作ウイルスの設計図に当たるソースコードが見つかったことが11日、捜査関係者への取材で分かった

出典首輪の記憶媒体、真犯人が保存|主要|全国・世界のニュース|新潟日報netpark

パソコン遠隔操作事件で、江の島(神奈川県藤沢市)の猫の首輪に付けられていた記憶媒体から遠隔操作ウイルスの設計図に当たるソースコードが見つかったことが11日、捜査関係者への取材で分かった。警視庁など4都府県警の合同捜査本部は、ソースコードは真犯人しか知り得ないとみて、媒体に保存したのは真犯人とほぼ断定した。

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

《新潟日報は優秀》朝日新聞 ソースコードという名の新種のウイルス騒動でネット民は大喜び

朝日新聞 「首輪のメモリーカードには『ソースコード』と呼ばれる遠隔操作ウイルスが記録されていた」

このまとめを見る