1. まとめトップ

1997年のApple CM"Think different."が今見ても深すぎて泣ける

1997年に発表されたAppleのキャンペーン"Think different."。15年以上経った今見てもこのメッセージは素晴らしいものです。知らない人がいたらぜひ教えてあげてください。R.I.P. Steven Paul Jobs.

更新日: 2013年02月11日

27 お気に入り 31321 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

swryyyyyさん

アインシュタイン、ボブ・ディラン、マーティン・ルーサー・キングJr、ジョン・レノン、トーマス・エジソン、モハメド・アリ、マリア・カラス、マハトマ・ガンディー、ヒッチコック、フランク・ロイド・ライト、パブロ・ピカソなどが起用されていました。

▼まずは日本語版CMをご覧ください。

▼日本語版CMナレーション

クレージーな人たちがいる 反逆者、厄介者と呼ばれる人たち
四角い穴に 丸い杭を打ちこむように 物事をまるで違う目で見る人たち
彼らは規則を嫌う 彼らは現状を肯定しない

彼らの言葉に心をうたれる人がいる
反対する人も 賞賛する人も けなす人もいる
しかし 彼らを無視することは誰もできない

なぜなら、彼らは物事を変えたからだ
彼らは人間を前進させた

彼らはクレージーと言われるが 私たちは天才だと思う

自分が世界を変えられると本気で信じる人たちこそが
本当に世界を変えているのだから

▼ところで過去のAppleが凋落していたことを覚えていますか?

10年前、Apple社はほとんどの専門的批評家から無視されていた。
1990年代に重大なミスを犯し、コンピューター市場のわずかなニッチへと追いやられ、市場シェアは1桁の下のほうに低迷していた。株価は下がり続け、全く消え失せる可能性も高かった。

Appleからジョブズが放逐された後の失敗で倒産寸前でした。

▼そして1997年にAppleに変化が起こりました。それはこれ、

Steve Jobs氏がApple社に戻り、1997年に暫定CEOとなった後、Jobs氏は同社の製品ラインをシンプルに統合し、使いやすさやブランディング、魅力的なデザイン、高い利益率といった面での同社の強みを次第にレベルアップし、消費者向け技術製品の新しい領域へと拡大していった。

1997年はジョブズがAppleに戻った年です。

つまり、このCMは、
倒産寸前のAppleに復帰したスティーブ・ジョブズが作らせたCMなのです。

▼CMの最後の一文は今でも多くの人たちから賞賛されています。

CMの最後の一文
「自分が世界を変えられると本気で信じる人たちこそが本当に世界を変えているのだから」

スティーブ・ジョブズが Apple に復帰したときのキャンペーンである Think different. 改めてそのメッセージが胸に刺さります。「自分が世界を変えられると本気で信じる人達こそが、本当に世界を変えているのだから」→ bit.ly/r6g9kx

本当に、今の日本の現状に向けてのメッセージにも聞こえました。「自分が世界を変えられると、本気で信じる人たちこそが、本当に世界を変えている。」Apple宣言・(。>д<。)・゚・  bit.ly/bRKSdu

凄く好きな言葉。RT @te2ji96: 「自分が世界を変えられると本気で信じる人たちこそが、本当に世界を変えている。」坂井直樹の”デザインの深読み”: たくさんあるスティーブ・ジョブズの名言から http://ow.ly/6diDD

なんてエンカレッジしてくれる言葉なんだ。「自分が世界を変えられると本気で信じる人こそが、本当に世界を変えている。」:坂井直樹の”デザインの深読み”: たくさんあるスティーブ・ジョブズの名言から bit.ly/qTv2Hn

▼では日本語版より見るべき英語バージョンをご覧ください。

英語が分からないとしても、騙されたと思って再生ボタンを押して聞いてみてください。

気付きましたか?
気付いた方もいますよね。もちろん知っている方もいますよね。

そうです。
これはスティーブ・ジョブズ本人がナレーションをしています。

▼スティーブ・ジョブス本人による英語ナレーション

Here’s to the crazy ones. The misfits. The rebels. The troublemakers. The round pegs in the square holes.
The ones who see things differently. They’re not fond of rules. And they have no respect for the status quo.

You can quote them, disagree with them, glorify or vilify them. About the only thing you can’t do is ignore them.

Because they change things. They push the human race forward.

While some see them as the crazy ones, we see genius.

1 2