見世物小屋は全盛期には数百を数えたが、映画やテレビなど娯楽の多様化、ライフスタイルの変化など時代の流れの中で数を減らし、現在単独で興行できるのは、大寅興行社の一軒だけになっている。

出典日本で最後の一軒になった見世物小屋とは(Excite Bit コネタ) - エキサイトニュース

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

見世物小屋 今は亡き夏の祭りの風物詩

昭和の時代、まだ夏祭りには、見世物屋の興行が巡ってきていました。小さい頃は、親には入っちゃダメだって言われて見れなかったので、私にとっては禁断の世界でした。初めて入った見世物小屋は、インチキとかグロテスクという感想よりも、すごく哀しい世界と感じてしまいました。

このまとめを見る