『少女椿』
花を召しませランララン
夢は木蓮一丁目
二丁目 向日葵 王女様
三丁目の花 女蔵花
四丁目 ぬれてる瑠璃柳
あたしのお花 迷ひ子のお花
遠くでお家が燃へる夜
盲目の黒犬くはへて走る
したたるような椿です


丸尾末広の人気漫画『少女椿』を、廻天百眼が脚色完全舞台化!
見世物小屋にさらわれた少女の残酷物語
少女はいつ何を生きたのか
少女は誰か、少女は何か、少女は君だ!
あの日あの時から、あなたは何を失い、何を得たのか
あの日あの時に望んだ世界よ!今こそ私達の前に!
廻天百眼の送る、反逆の少女椿!
「どうせ人生見世物よ!」

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

見世物小屋 今は亡き夏の祭りの風物詩

昭和の時代、まだ夏祭りには、見世物屋の興行が巡ってきていました。小さい頃は、親には入っちゃダメだって言われて見れなかったので、私にとっては禁断の世界でした。初めて入った見世物小屋は、インチキとかグロテスクという感想よりも、すごく哀しい世界と感じてしまいました。

このまとめを見る