1. まとめトップ

何回も繰りかえし読んだお勧めの絵本 【4~6歳】

4~6歳ごろに読んであげた絵本の中でも特に気に入っていて何回もよんだものです。これらの絵本と出合ったおかげで、家の中にその絵本に出てくるキャラクターがいます。(ぬいぐるみやカップだけど)シリーズのもは全部読破してみたりと…出合って良かったなと思うものをまとめてみました。

更新日: 2013年02月14日

57 お気に入り 10347 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

ohirunesitaiさん

私自身、絵本の中で何が一番好き?の問いがあれば
迷わず「バムとケロシリーズ」です。

子どもに何か読んであげようと書店で見つけたのが出合いでした。
バムちゃんとケロちゃんが可愛くて可愛くて。
子どもと何回も読みました。
キャラクターグッズも集めたりしています。

ケロちゃんのやんちゃなところや山のように作ったドーナツが笑えます。

他には
バムとケロのそらのたび
バムとケロのさむいあさ
バムとケロのおかいもの
バムとケロのもりのこや

かばんうりのがらごもお勧めです。

子どもがオバケの話にはまっていた頃でした。(幼稚園の年中)
生協でミッケ ゴーストハウスが紹介されていたので購入。

かくれんぼ絵本です。
骸骨や、くもの巣だらけの城などリアルに怖い絵ですが
子どもははまって楽しんでいました。
それ以来、シリーズは全部やりました。
中でもお気に入りは宝島です。
冒険ものの絵でワクワクします。

次の階はだれが住んでいるんだろう?
ワクワクする絵本です。

ちか100だてのいえも
楽しいです。

何回も何回も読みました。

絵が大きくカラフルでキレイです。

カンガルーのお母さんの気持ちも子どもの気持ちも
それぞれよくわかる絵本です。
最後は納得のいく終わり方です。

女優の室井滋さんが書かれた絵本です。

「しげる」という名前は本名なんですね。

なまえ…私も大切にしたいなと思えた絵本でした。
子どものお気に入りでもあります。

この絵本を知ったきっかけは…

昼ドラの愛の劇場なんです。

「ラブレター」というドラマがあり、その中で
絵本を描くんです。それが実際出版化された絵本です。
子どもも一緒に見ていたので、書店で見かけた時は一緒に喜びました。

絵がとっても可愛くて、優しさが伝わってくるストーリーです。

だいじなものは 何ですか?
たいせつなものは 何ですか?

優しく語りかける感じがとても素敵な絵本です。

その当時、意味はよくわかっていなかったかもしれないけれど
素敵な雰囲気は感じていたようでした。
飽きることなく何回も読んでいたので。

そらまめくんのベットはふわふわで
ピーナツ君のベットはかたい…さやえんどうさんはうすい
えだまめくんのベットは小さい…グリーンピースの兄弟はほそい…
確かにそうだなぁと妙に納得のいく、楽しい絵本です。

1