1. まとめトップ
  2. エンタメ・カルチャー

♪ 読むと元気になる ♪おすすめの妊娠・出産体験マンガ

レビューの点数は2013年2月14日のものです。妊娠していた時、妊娠体験エッセイやマンガを読み漁っておりました。出産時の年齢が高めの作者が多いせいか、不安を笑いに換えてくれるものが多かったです。

更新日: 2017年06月13日

294 お気に入り 276467 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

kmatsuo0221さん

■ひうらさとる

2011年4月発行
amazon ★★★(3.4)
楽天 ★★★★(4.38)

【内容説明】
生活の大半は仕事…という“ヒゲ度の高い”人生を歩んできた漫画家・ひうらさとるが齢43にして突然の妊娠発覚!!
超★高齢出産を働きながらどう乗り越えてきたのか!?

【感想】
漫画家として長いキャリアを積んできた作者のせいか、高齢出産の不安や悩みを笑いやユーモアを交えて描いており、読んだ後に、こんなに適当でいいの??あれ、ちょっと考えすぎだったかな…もそっと楽に構えていいか~…と思える作品です。
※ゆるすぎて、合わない人には合わないと思われます…。

代表作:ホタルノヒカリ
43歳で娘さんを出産。

■『ヒゲの妊婦(43)』感想
http://manga-mokuroku.net/ninshin/over40yearsold/118/

■細川 貂々

2008年10月発行
amazon ★★★(3.8)
楽天 ★★★★(4.32)
【内容説明】
「結婚12年 38歳高齢出産 ツレのうつ 逆子 帝王切開」この次から次への荒波を乗り越え、貂々さんは産みました!!
逃げることなく、逆境に前向きに向かっていった高齢ママの感動・爆笑コミックです。

【感想】
旦那が鬱を患った時に「ツレがうつになりまして。」を読んで元気をもらっていたこともあり、二人に子供ができてよかったな~と思いながら読みました。
さらっと読める反面、マンガを読み慣れている人には物足りないかも。

代表作:ツレがうつになりまして。
38歳で息子・ちーとくんを出産。育児について描いたエッセイも単行本になっています。

■『びっくり妊娠 なんとか出産』感想
http://manga-mokuroku.net/ninshin/under39yearsold/156/

■小栗 左多里

2008年3月発行
amazon ★★★(3.5)
楽天 ★★★★(4.50)
【内容紹介】
トニー&さおりに、待望のベビーが誕生。
超心配性な2人の「てくてく」子育て模様を、爆笑ネタ満載でお届けします。
おむつ代えに泣かされる日々、トニー父としての心構え、さおり母の意外な子守唄、そしてベイビーの愛くるしい姿・・・。
子供をバイリンガルに育てるための苦悩(特にさおり)、勃発した「子育てバトル」など、夫婦の関係も、第2ラウンド突入です!

【感想】
妊娠~1歳くらいまで。国際結婚カップルならではの子育ての悩み…母国語をどうするかや文化、教育観の違いについても描かれています。
続きが読みたかった。

代表作:ダーリンは外国人
28歳で息子さんを出産

■『ダーリンは外国人 with Baby』感想
http://manga-mokuroku.net/ninshin/under29yearsold/165/

■伊藤 理佐

2010年2月発行
amazon ★★★(3.6)
楽天 ★★★★(4.46)
【内容説明】
接待でワイン1本飲んだ日も、あの日もこの日も妊娠してました。産む時、40歳…。妊婦・伊藤理佐の日常を、「窓」全開でお届けします!

【感想】
妊娠しているときに描かれたものですが、妊婦ネタがほとんどないです。猫が好きな方は涙が止まらないかも。
3巻は妊娠編ですが、1巻(バツイチ独身)、2巻(独身→結婚)も読むとなお楽しめます。
爆笑して元気になれるのでおススメです。年齢が近い方が楽しめると思います。

代表作:おるすばんえびちゅ、おい、ピータン
40歳で娘さんを出産。子育ての様子は「おかあさんの扉」や「おんなの窓4」で。

■『おんなの窓』3巻感想
http://manga-mokuroku.net/ninshin/over40yearsold/1647/一番上に移動上に移動下に移動一番下に移動移動

■太田垣 晴子

2011年4月発行
amazon ★★★(3.4)
楽天 ★★★★(4.33)
【内容説明】
セイコ、40にして出産。妊娠中にリアルタイムで綴ったプライベートのセキララ絵日記を公開。

【感想】
作者が妊娠中につけた絵日記をまとめたものです。出版を意図しないで描いた日記らしく、絵も文もざっくりしています。
妊娠前の流産についてや、妊娠中のトラブルや体調不良等々についても、さくっと描いてあり、(上のひうらさんや伊藤さんの作品に比べて)「40歳で妊娠した現実」が垣間見えるような気がしました。

代表作:オンナノコのおたしなみ、今日のごはん、男と女の深い穴 など
40歳で女の子を出産。

■『40歳!妊娠日記』感想
http://manga-mokuroku.net/ninshin/over40yearsold/176/

■コンドウ アキ

2009年3月発行
amazon ★★★★★(4.9)
楽天 ★★★★★(4.83)
【内容説明】
リラックマの生みの親がホントに親になりました。

【感想】
レビューでの評価が一番良い作品。面白かったです。実家での里帰り出産で、祖母や祖父からも祝福されて。ほんわかした気持ちになりました。
でも、自分が若くないせいか、作者が発する言葉がきつく感じました。リラックマも見た目がかわいいけれど、4コマを読むとブラックユーモアが効いていますしね…
※出産後、1年経ってから読むと気にならないので、妊娠中は自分が過ぎたのかも。

代表作:リラックマ
28歳で娘(トリペ)さんを出産。31歳で娘(モッチン)さんを出産し、2児の母に。
続編として、子育ての様子が出版されています。

■『トリペと』感想
http://manga-mokuroku.net/ninshin/under29yearsold/2712/

■たかはし みき

2012年11月発行
amazon ★★★★(4.0)
楽天 ★★★★★(4.86)
【内容説明】
ニンプ。それは十月十日おなかのいいなり!?待望のベビー「ぬしさま」とのおっかなびっくりマタニティライフ。ほんわかホロリ、妊娠・出産エッセイ。妊娠・出産・育児に役立つかも!?なグッズやファッション情報も掲載。

【感想】
情報たっぷり、絵も丁寧。
自分で努力して仕事の道を切り開いてきたたかはしさんが、自分ではコントロールできない妊娠・出産という経験に悩む気持ちがとても分かって泣きながら読みました。

代表作:こげぱん、つれづれふたり暮らし、まいにちトースト
35歳で息子さんを出産。

■『ニンプ道』感想
http://manga-mokuroku.net/ninshin/under39yearsold/143/

■梅川 和実

【内容説明】
元獣医で現役漫画家による妊娠出産体験マンガ!!
子宮筋腫?つわり?高齢出産?ペット?あらゆるお悩みも読めば解決!?

【感想】
この漫画の良いところは解説のわかりやすさです。
作者さんはあとがきで「男性にも読める妊婦マンガを目指してみた」と書いていますが、たしかにわかりやすい。
単なる妊娠・出産の体験を描いた漫画にとどまらず、妊娠の諸症状についての解説書としてもよく出来ていると思いました。
作者(女性)の妊娠時の体調悪化や仕事と両立できない苦しみや恐怖についても描かれているので、そこも読んでもらいたいです。

■カワハラユキコ

【内容説明】
かつてはひとりで呑み歩き、お酒とダンスをこよなく愛するうわばみ女子が妊娠したら…。
お酒はガマン、怒涛のつわりに苦しんだり、甘いお菓子にハマったり、大変だけど楽しいこともいっぱい!

【感想】
色々な妊娠・出産漫画を読んできましたが「年齢相応に落ち着いている作品」って実は少なくて。
キャリアを積んで来て、ようやく妊娠…という女性が共感しやすい作品だと思います。
また、題名の通り、ほんっっとうに酒が好きな作者さんが描いています。
お酒が好き、宴会が好き、美味しいお店を調べて食べ歩くのが好きな人は楽しめると思います。

代表作:女子が踊れば!、王子と赤ちゃん
37歳で妊娠、38歳で息子さんを出産。

■元になったブログ「踊る!うわばみ妊婦」
http://ninpumemo.blog.fc2.com/

■『うわばみ妊婦』感想
http://manga-mokuroku.net/ninshin/under39yearsold/6247/

■和田フミ江

【内容説明】
たまごクラブ超人気連載を単行本化。
妊娠~出産の妊婦ライフがすべてわかる!
初タマ&パパにも超おすすめのコミックエッセイ。

【感想】
この本の好きなところ、お勧めしたい点を挙げると、次の3点になります。
1)取り扱うテーマが幅広い
2)読みやすくわかりやすいコラム
3)第2子の妊娠・出産体験が描かれている

面白い上に、妊娠・出産の時に役立つ情報が満載です。旦那様と一緒に読んで役立つと思える1冊。おすすめ。

代表作:おうちクエスト
31歳で長女・ハナちゃん、33歳で次女・ハッパちゃんを出産。

■『おかあさんまであとすこし!』感想
http://manga-mokuroku.net/ninshin/under39yearsold/3677/

1 2