1. まとめトップ

身体測定に効果抜群!!「3分」で身長を少し伸ばす方法

学校の身体測定や会社の健康診断で少しでも背を高く記録したいときに使える「計る前のテクニック」と「計る際のコツ」についてまとめました。

更新日: 2013年02月15日

317 お気に入り 269011 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

■ 一時的に身長が伸びる裏技 ■

□正座の姿勢から上半身を後ろに床まで倒し、そのまま3分程度待つ

床までがキツかったら途中まででもOK.

背骨の椎間板が伸びるから

椎間板=骨と骨の間にある軟骨。

年齢に関係なく成長しきった成人でもできる

いざ究極完全体へ。

日常的な身体の動きをしている内に元に戻る

身長を計る直前にやりましょう。

軽い腰痛にも効果があるとのこと

椎間板を正しい位置に戻してくれるので、腰痛持ちの方は日々のストレッチとして取り入れるのも良いと思います。

■ 測定するときのコツ ■

□きちんと足をマークに合わせる

足の踵と踵を着けたり、両足を広げ過ぎたりすると少し身長が低くなってしまう

もちろん背筋も真っ直ぐに。

□アゴをひく

上を向いた状態や、下を向いた状態ではべストな身長記録は出ません。

保健の先生による「アゴをクイッ」に従いましょう。

アゴを軽く引いて真っ直ぐ前をむいて胸を張った状態がベストな身長になる姿勢

この姿勢だけでも5~10mmくらいは身長が変わってしまうのでこれは重要ポイントです

1