1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

明らかになってきた山陽電鉄脱線事故の「原因」

兵庫県高砂市で山陽電鉄の特急がトラックと衝突し脱線した事故。その原因が明らかになってきた。いったい何があったのか?

更新日: 2013年02月13日

31 お気に入り 66150 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

秋山田さん

山陽電鉄の脱線事故

12日午後3時50分ごろ、兵庫県高砂市荒井町南栄町の山陽電鉄荒井駅近くの踏切

山陽姫路発阪神梅田行き直通特急電車(6両編成)と車両運搬車が衝突し、先頭の2両が脱線

怪我人は15人

電車の乗客と運転士、それにトラックの運転手の合わせて15人がけがをして病院に運ばれた

なぜ事故は起こってしまったのか?

トラックは荷台のスロープを上げた状態で踏切に入りましたが、前の車が交差点で止まったため、踏切から出られなくなった

下りてきた遮断機に、トラックの荷台後部でL字型に上げていたスロープが引っ掛かったため、スロープを倒したところ特急と接触

これは「キャリアカー」と呼ばれる車を運ぶためのトラック

出典live2.ch

中央の赤い●は遮断機の棒
これが降りて引っかかったために、スロープを降ろした
そのため、線路上にスロープが降りてしまったため、電車と衝突、事故になった

もしスロープを降ろさなければ…という思いは残る

・さらに踏切のセンサーがはたらいておらず、緊急ボタンを押したが間に合わなかった

現場の踏切は幅約16・5メートルで、事故当時、警報機と遮断機は正常に作動していた

しかし、踏切には、立往生した車を感知するセンサーが設置されていますが反応しなかった

一定の高さがないと作動しない仕組みになっていて、荷台を下ろした状態のトラックの後部はこの高さに至っていなかったとみられる

特急は荒井駅に停車しないため、現場付近の通過速度は時速95~100キロに達していた

運転士が急ブレーキをかけたのは踏切から約50~80メートル手前で、踏切の異常を伝える緊急ボタンは押されていたが、間に合わなかった

この事故でトラックの運転手を逮捕

自動車運転過失致傷の疑いで逮捕されたのは、兵庫・伊丹市のトラック運転手・延東 恵一郎容疑者(36)

「踏切の先にある信号が黄色の点滅で、前の車が進むと思ったが止まったため、踏切を抜け出せなくなった」と供述している

完全な原因解明はこれから

事故を受け、国の運輸安全委員会の事故調査官が12日夜に現場入りし、調査を始めています

1 2