1. まとめトップ

超簡単ダイエット☆たまねぎ氷・えのき茶・大麦ヨーグルトの作り方

「はなまるマーケット」で紹介された、今年流行る3つのダイエット食材をまとめました。

更新日: 2013年02月13日

32 お気に入り 12364 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

curatorさん

■たまねぎ氷

“たまねぎ氷”とは、たまねぎを電子レンジで加熱してミキサーでピューレ状にしてから凍らせたもの。

たまねぎに含まれるケルセチンという成分が、食事からの脂肪の吸収を抑えてくれるだけでなく、すでに体内に溜まってしまっている脂肪の排出を促してくれる

腸のビフィズス菌を増やして、便秘解消の効果もある

レシピ

<材料>(たまねぎ氷20個分)
★タマネギ 2個
★水 100cc

<作り方>

1.皮をむいたタマネギをくし型に切る。
2.①を耐熱のボウルにすきまなくつめ、蒸気の逃げ道をあけてラップをする。
3.②を600wの電子レンジで10分加熱する。
4.③を汁ごとミキサーに入れて、水を加えてピューレ状になるまで攪拌する。(目安は10秒)
5.④を製氷皿に流しいれ、冷凍庫で固める。

■えのき茶

えのきたけに含まれる脂肪酸「エノキタケリノール酸」が、体内の脂肪の中でも「内臓脂肪」を落とすのに効果がある

実験では、このエノキタケリノール酸を摂取したところ、2か月でおよそ22パーセントの内臓脂肪の減少が確認されました。

レシピ

<材料>
★干したエノキタケ 5g
★湯 500cc

【 作り方 】

1. エノキタケを天日で3日ほど干して乾燥させる。
2. 1.が茶色になって10分の1ぐらいになったら5ミリ程度に短くカットする。
3. 2.を保温容器に入れてお湯を注ぎ、30分以上置く。

■大麦ヨーグルト

大麦にはすっごいダイエット効果◎
食物繊維がたっぷり含まれているのです。
特に水溶性食物繊維(βグルカン)が腸内で粘性を持つ

お腹の中(消化管)で粘り気を増やすことで、
食物などの吸収を遅くすることができます。

ヨーグルトにもダイエット効果が◎
それはヨーグルトに含まれる「カルシウム」
カルシウムをたっぷり摂っていると、
内臓脂肪が溜まりにくい状態を作るのです。

レシピ

<材料>(1人分)
★ゆでた押麦 50g
★ヨーグルト 50g
★キウイフルーツ 1個

<作り方>
1. 押麦を中火で15分ほど茹で、水洗いしてぬめりを取る。
2. キウイフルーツ、ヨーグルト、大麦をミキサーにかける。
※回し加減はお好みで。

※キウイフルーツ以外にもグレープフルーツ、イチゴ、パイナップルなどでもオススメ。
※お好みでオリゴ糖をかけると甘みが増します。

この大麦ヨーグルトをダイエットに生かすなら朝食べることがおすすめ。というのもの、昼食、夕食の血糖値の急上昇を抑えてくれるというデータがあるとのこと。

1