1. まとめトップ

【失敗しない!】生大根で酵素ダイエット!

話題の生大根ダイエット、酵素についてまとめました。今から薄着になる季節に向けてがんばりましょう!

更新日: 2013年02月13日

480 お気に入り 422626 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

itapicoさん

なかなか痩せないのは酵素不足が原因だった!?

なかなかやせない原因は酵素ゼロの食生活にあり

酵素とは、動物や植物といったあらゆる生命体が生きていくのに欠かせない栄養素のひとつ。
また、老廃物を排出する、腸内環境を整える、老化の原因となる活性酸素を排除する、などの働きもあります。
酵素は食物酵素と潜在酵素の2つに分けられ、体内にある潜在酵素はさらに、「消化」酵素と「代謝」酵素の2つに振り分けられます。
ところが高脂肪・高タンパクの食事や夜更かしなどの生活習慣を続けていると、必要以上に酵素を消費してしまい、慢性的な酵素不足に。
体内にある潜在酵素は優先して「消化」に使われるため、「代謝」が機能せず、新陳代謝もダウン。
脂肪が蓄積されやすくなってしまいます。

酵素を摂れば代謝もUP自然とやせやすい体に

やせたいなら、消化酵素を浪費せず、代謝酵素がしっかり働ける環境をつくることが大切。
生の食材や発酵食品などから酵素をたっぷり摂る食生活を心がければ、消化が順調に行われ、余った酵素は代謝酵素として働くため、代謝がスムーズに。
結果的にやせやすくなるというわけです。

酵素は大事なんです!

▼酵素の働き

▼なぜ生の大根?

大根にはアミラーゼなどの消化酵素が豊富に含まれています。この消化酵素が、炭水化物の消化を促し、さらには便通を改善させることで大変なダイエット効果を生んでいます。
ただし、この消化酵素は熱に弱く、加熱を伴うと効果を期待できなくなるので必ず生で食べましょう。
また、さらに効果を出すためには大根をすりおろしましょう。

なぜかというと、大根をおろすことで初めて生成される「イソチオシアネート」という辛味成分が代謝を活性化させ、肥満を引き起こす活性酵素を無害なものにしてくれるからです。
時間があるときはなるべく大根をおろしましょう。

生大根がダイエットに効果的なのは、大根に含まれる辛味成分である「イソチオシアネ―ト」と、「アミラーゼ」です。各成分の働きは下記です。

▽ イソチオシアネート・・・肥満の原因となる活性酵素を無害なものにし、代謝を活性化させる
▽ アミラーゼ・・・炭水化物の消化を促進し、便秘を改善する

また胃腸の働きを整える食物繊維も豊富なので、ますます便通がよくなります。
大根は水分量が多いので毎日6cmも食べれば満腹感も増して食事量はある程度コントロールできる上、代謝がよくなることでむくみなども取れます。
だいたい2ヶ月で自分の体質の変化を実感できるということです。

大根の知られざるパワーがここまでとは・・・今まで流行らなかったのが不思議なくらい、すごいダイエット食材なんです!

▼こんな方におすすめ!

<こんな悩みをお持ちの方必見>

・「ウエストや足だけが細くなる方法はないか?」

・「激しい運動をしなくてもよい方法はないだろうか?」

・「食生活を変えずにに、サイズダウンする方法はないだろうか?」

便秘に悩む方にもおすすすめです!

▼生大根ダイエットのやり方

やり方は大変シンプルで、「1日生の大根を輪切り6cm程度食べる」というもの。
それ以外の食事制限はしなくていい。

1日1回、輪切り1センチ分の大根を食べる
食前か食事中に、輪切り1センチ分の大根を大根おろしにして汁ごと食べます。
大根スティックやせん切り、薄切りなどにして、浅漬け、サラダ、薬味、和え物にしたり、火を通さない料理に使ってもOKです。
基本的に1日1回ですが、5~6キロの減量をしたい人は2回、7キロ以上の人は3回に増やしてください。
一度に食べる量を増やすのではなく、回数を増やすことがポイントです。

3食、バランスのよい食事を摂る
朝昼晩の食事をバランスよくとり、食事の間を4時間以上空けましょう。
排泄のリズムを乱さないことが大事なので、食事を減らす必要はありません。

忙しくて自炊する暇がない女子たちも必見です。
どれだけ日々始発・終電生活&飲み会三昧生活を送っていたとしても、朝食や夜食で生大根6cm分を摂取することでそのダイエット効果を実感することができます。

私も実際に毎日6cm分の生大根を食べてみました!一度にこの量を食べるのがちょっと大変なので、私の場合は朝と夜に分けました。
推奨される食べ方も、1日3回の摂取です。私の場合、大根おろしにする時間はなかったのでだいたいはノンカロリードレッシングで味をつけるなどして、大根サラダにしていました。

▼大根の選び方

生大根ダイエットに使う大根は、葉っぱが付いてる方じゃなくて、根に近い方が効果があるんです。
だから、1本買うより半分にカットされているもので、根の方を買うのがおすすめ

大根を選ぶ際は、ビタミンやミネラルが豊富に含まれる新鮮なものを選ぶことが重要となります。上手な選び方としては、大根を手で持ったときに少し重みを感じるようなものにします。
また、古い大根だと表面がしなびていたり水分が少なくなっていますので、そういった商品は選ばないように注意しましょう。

▼大根ダイエットの注意点

火を通さず生で食べることが基本となりますので、大根サラダなどで食べるようにします。炒めたり煮たりして食べても効果はありませんので、必ず生で食べることが大切です。
サラダの他には、大根おろしにして摂るのもお勧めの方法だといえます。大根をすりおろすことで細胞が破壊され、代謝アップ効果のあるイソチオシアネートを効果的に取り入れることが出来るのです。
そして生大根ダイエットは、大根だけを食べるダイエット法ではありませんので、通常の食事もしっかり摂るようにします。
ただし、あくまでもダイエットですから、食べ過ぎてしまわないよう注意することは忘れないようにしましょう。

大根はダイエット効果が非常に高い食材だといえますが、反面体を冷やしてしまうといった作用もあります。そのため大根を食べ過ぎると体が冷えてしまうことになりますので、生大根ダイエットを実践する場合は大根以外に体を温める食材を摂ることが重要です。

体を温める効果がある食材では、唐辛子、ショウガ、ニラ、玉ねぎ、カボチャ、カツオ、小松菜、黒豆、鶏肉、羊肉などが挙げられます。こういった食材を同時に摂ることが重要ですから、頭に入れておくようにしましょう。

大根を生で食べると言ったら、サラダや大根おろしが頭に浮かびますが、大根おろしで摂取する場合には、汁も摂取しなければいけません。
これは、次に紹介するダイエット効果を持つ大根の辛味成分が大根おろしの汁に含まれているためです。
大根おろしの水分を切って使う人も多いと思いますが、ダイエットに活用する際には、水分は捨てずに汁も摂取することが大切です。

▼効果的なレシピ

1 2





このまとめへのコメント1

  • この投稿は現在表示することができません。

1